腰から肩・首・そして頭痛・目の疲れでいらしている男性の方。
バイクでの事故歴やその他原因もあり、調整を続けていて
症状は軽くなってはいるものの、まだ他にも何か原因がありそうな感じでした。

前回その方の姿勢があまりにも、かかとに重心がかかっている事に気づきました。

かかとに重心がかかり、腰椎は大きく前方向へ、
そして両肩を後ろに開き気味に立っています。

真似をしてみました。
なんだろう、この姿勢?誰かこんな人がいたような?

そう!オードリーの春日さんのイメージです。

その姿勢の真似をすると、後ろに倒れそうになるのを支えようと
腰から首にかけてものすごい緊張する事がわかりました。

聞くと、姿勢が悪くみられるのが嫌で
一生懸命背筋を伸ばして姿勢を良くしようと努力していたのが
そのまま癖になってしまった…という事でした。
次回まで、ご自宅でできることとして
姿勢に気をつけていただくようお話をさせていただきました。



次の方の話は郁子さんに聞いたのですが
ひどい腰痛で腰を曲げて来院する男性。

調整後は毎回、腰痛も楽になり背中もまっすぐになって歩いて帰るのに
その次に来る時には、また腰痛で腰を曲げて来院していたそうです。

骨格は整って来たのになんでだろう???と、ずっと考えていたそうなのですが
その男性が施術が終わって帰っていく後ろ姿を見て「あーっ!」と思ったと。

この方、ズポンのおしりのポケットに大きな分厚いお財布を入れていたのだそうです。
分厚いお財布を入れたまま、イスにも座ったり、日常生活を送っていたため
そのお財布によっておしりの骨をゆがめてしまっていたとのこと。

試しに1週間お財布をポケットに入れずに生活をしてもらったら
腰痛は出なかったそうなのです。


原因ってどこにあるかわかりません。


・打撲
・事故
・出産時の様子
・スポーツ歴
・楽器歴
・職業と職業の中での繰り返しの動作
・普段の生活の中での癖

…などなど

色々な角度から探っていくと原因が見つかるはずです。

原因が絞れると、その後の調整は早いです。


最近やっと基礎DVDの中のナレーションにある、
「先天性という言葉は、治療家として最後に考える事です」の一文が
本当にその通りなんだなーとしみじみ思います。



明日はおひさまサークルです。
皆様のご参加お待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト