今週は新潟からじんわり整体の呉井小登美さんがいらしていました。
お互いの施術をしたり、お話もたくさんして、素敵な時間を過ごす事ができました。
今回も小登美さんに教えていただいた事がたくさん!!
小登美さん、本当にありがとうございました。


さて!
今日、本屋さんでこんな本を見つけました。

「病気がみえる vol.10 産科」


コツコツちゃん整体のブログで、大久保ちづ子さんが
たびたび出産に関する話題を取り上げてくださっています。


AZUにいらっしゃる患者さんも、
逆子・帝王切開など出産時の歪みを持っている方が多く
ちづ子さんのブログを読んでから、
もっともっと詳しく知りたいと思い始めました。


出産に関することをもっともっと深く知りたい。
何かいい本はないだろうか…と探していたら
今日この本にめぐりあったのです☆

カラーのイラストがたくさん載っていて
異常分娩に関しても詳しく描かれています。
逆子の子の取り出し方等も細かくイラストが載っているので
とてもイメージがしやすいです。

値段も3,150円とお手頃価格!
オススメです☆



年齢性別を問わず、どなたがAZUにいらしても
「この方を楽にしてさしあげたい」という思いは変わりません。

でも幼稚園の先生をしていた事もある位、子ども好きなので
子どもが小さな身体で辛そうにしているのを見ると
よけいに思いが深くなります。


原因療法のHSTI。
施術をしていく際に原因の箇所を絞っていく事がとても大切ですが、
プラスして、その場所にどんな風に打撃が入ったのかをイメージしながら
骨格を調整すると、とっても効果が大きいです。

出産時に出来た歪みは出産時の事をイメージできないと!!

obHSTに私も貢献できるように、一歩ずつですが
前に進んでいきます。


的を絞ったら、そこから目を離さない。
HSTIだからこそ出来る事。

最近、なかなかブログの更新が進みませんが
私の中の思いは今まで以上に熱く深くなっています。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト