とーーっても久しぶりのブログUPです。
いつも支えてくださる皆様に感謝。ありがとうございます。


さて、
骨格のイメージをつかむ為に、骨格図をよく見るのですが
こんなHPを見つけました。

アイリス・アイリス
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/irisiris/freestuff/freestuff.html


骨格構造をわかる事、とっても大切です。

そして今日このHPを見ていて、下の二つのページに釘付けでした。
「肺と胸部の骨格」
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/irisiris/studies/respiratory_system/lungs01.html
「腎臓とその周辺の臓器」
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/irisiris/studies/excretory_system/excre00_all.html



メリックチャートの重要性をあらためて感じて
最近よく見ていたのですが、上のページと併せてみていくと、ものすごく納得。


今まで解剖の本の中でも骨格図ばかり見ていたけれど、
骨だけでなく、臓器の位置まで含めて捉えていく事の必要性を感じました。


「そんなこと当たり前じゃないか~。そんな事もわかってないのか~!」
…っという声が聞こえてきそうですが…。

自分で気がつく事が大切。
毎日、コツコツと前進するのみ…なのです。


頭蓋骨の中、肋骨の中のどの辺りに何の臓器があるのか、
どこにどんな神経が通っているのか、
そんな所までわかってみていけるようになったら
もっと智慧を引きずりおろす事が出来るはず。


今日もありがとうございました(^^)☆
関連記事
スポンサーサイト