今日も写真とブログの内容は関係ありません。
写真はとりためた物の中からその日の気分で選んでいます。

さて!
本題に入ります。

姿勢が悪いから骨格が歪んだ…と思っている方
けっこう多いのではないでしょうか。

もちろんいい姿勢を保とうとする気持ちは忘れてはいけないと思います。

でもHSTIの考え方は逆で
打撲や転倒など何らかの原因により骨格が歪むと、
そのバランスをとる為に姿勢が悪くなってしまう、と考えます。

人は全身でバランスをとろうとするから。
地軸に対して脳を水平垂直に保とうとするから。



無意識にいつも左足に重心をかけて立っている…とか
寝る時は右向きじゃないと落ち着いて眠れない…とか

↑これ、実は以前の私なんですけど~(笑)
(自分でもどうしてこうなってしまうのか不思議でした)

骨格が整うにつれて、両足でバランスよく立てるようになったし
まっすぐ仰向けで心地よく眠れるようになりました。


よく、お母さんがお子さんの事を「この子は姿勢が悪くて…」と
嘆いたり、お子さんの事をしかったりするのですが、
その前に骨格調整をうけてほしいなーと思う事が多いです。


どこかが痛くなくても、姿勢の事で気になる方は
お近くのHSTI導入施術所に行かれる事をお勧めします!


追伸
今日から新しいチラシのポスティングを始めました。
高須さんがズンズン歩いている姿を思い出しながら、
私もズンズン歩いてポスティングをしてきました☆
なんとなく楽しかったです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2009年5月 下記、追記します>

このブログを書いた時点では、姿勢の悪さから骨格が歪む事はないと私は考えていました。

その後、施術の経験を重ねる中で、姿勢の悪さや日常生活の中での癖等も
骨格の歪みの原因となる事がわかりました。

骨格の歪みがあるから姿勢が悪くなる
  プラス
姿勢が悪いから骨格が歪む

両方で悪循環となっているケースが多いです。


原因について考えた事等を書いています。
カテゴリより「原因療法」をご覧ください。



関連記事
スポンサーサイト