HSTI骨格調整法を考えだした比嘉は「痛みはプレゼントだ」と言います。

「え?痛みがプレゼント?比嘉先生は何言ってるんだろう?変な宗教なの?」と私も最初は怪しくさえ思いました(笑)

でも今となってはその言葉の意味がとてもよくわかります。痛みは火災報知器のようなものと例えればわかりやすいでしょうか。


火事の時に火災報知器がならなかったらどうなるでしょう???
………逃げ遅れて手遅れになってしまいますね。


では身体に異常がある時に痛みや症状が感じられなければ???
………これまた異常に気づけずに症状ばかり進行して手遅れになってしまいます。


痛みがあるからこそ異常に気づける。そして痛みや症状は適切な対処をして異常を取り除けばなくなって当然。そう考えると痛みはやっぱりプレゼント。


必要な時だけ痛みを感じ、適切な処置をして良い状態を保つのが理想。原因からしっかりと取り除いて日々笑顔で健やかに過ごしたいものですね。



【お知らせ】
・施術中は電話には対応ができません。緊急の場合を除き、基本的に施術・予約に関するお問い合わせはなるべくメールでお願いしておりますことをご了承ください。電話は基本的に留守番電話での対応になりますので、折り返しの連絡をご希望の方はお名前と連絡先をメッセージに残してください。

・ご希望の日時が予約で埋まっている場合、キャンセル待ちも可能です。その旨メールをいただければ、キャンセルが出た時点でご連絡させていただきます。

HSTI骨格調整法 のHPがリニューアルされました!

HSTI・AZU骨格調整所 症例一覧ページ もあります。


ブログランキング(心と身体・全般のカテゴリ) 
クリックご協力お願いします!
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hstiazu.blog53.fc2.com/tb.php/494-c268f86c