今日は前の職場の同僚の彼女さんがいらしてくださいました。
「彼より先に来ちゃいましたー(^^)」って。
こういうご紹介、とっても嬉しいんです♪

もちろんご紹介でない新規の患者さんには、
また違う感謝の気持ちがあります。
「たくさんある整体の中から見つけてくれて
足を運んでくださってありがとう」って心から思います♪


AZUに来てくれた人が、より健康になって
笑顔で毎日過ごせるように
これからも精一杯お手伝いさせていただきたいと
あらためて感じた1日でした。


私、自分が骨格調整を受けはじめた頃
とっても痛みが出たんです。
頭痛が続いて、熱っぽくて
頭痛薬が手放せない日々が1ヶ月近く続きました。
正直なところ、こんなに頭が痛くて大丈夫なの?って思いました。

どうして痛みが出たのでしょうか?

それは…
それまでは痛みを感じさせないように脳内麻酔がでていた為です。
歪みが大きいと、脳だって「いつも痛い痛い」は嫌だから、
痛みを感じないように麻酔を出します。
脳が自分自身を守る為です。

骨格が整ってくると、脳も正常に機能するようになり
痛みを感じられる身体になります。

そこを通り越えて、さらに骨格が整うと
「歪み」とも「痛み」とも『さようなら』できます。


調整を始めて、痛みが出ない方も、もちろんたくさんいらっしゃいます。
でも、こういう事もあるという事も伝えておかないと
「HSTIで調整をうけたから痛みが出た。怖いからもう行かない。」と
いう事にもなりかねません。
かといって、「痛みが出るかもしれません」とあまり説明しすぎても
それが何となく怖い~と感じて足が遠のいてしまう方もいます。

その方に合ったさじ加減でいかに物事を伝えていくか。
今の私の課題だなー。


もし、痛みが出ても…
それは健康な骨格に一歩ずつ近づいているのですから
とにかく信じて、あきらめずに通ってほしいです。

人とのつながり、ご縁に感謝した1日(^^)
今日もありがとうございました。

P.S.写真は退職の時に、用意してくれたケーキです(^^)嬉しかったなー☆
関連記事
スポンサーサイト