毎月1回、フラワーデザインのお稽古に行っています。

お花のアレンジをしている時、先生によくいただくアドバイスがあります。

「近くからばっかり見ていないで、時々ちょっと離れて、
全体のバランスも見るのよ」


そうなんです。
たしかにちょっと離れて見ると、また違う視点で
全体のバランスを見ることができて
新しい気づきがあり、アイディアが生まれてくるのです。


仁美先生も講習会の中で同じ事、おっしゃっていました。
骨格も近くから見る目、遠くから見る目、
両方の眼でもって、ぱちぱちと視点を切り替えて見るのよ…って。


面白いなー。
やっぱりビッグバーンで一つなんだなー。


そうやって考えていくと、すべての事に同じ事が言えるんだな…と
ふと思いました。


形のあるもの

形のないもの


近くから

遠くから

情熱をもって

そして冷静に


今日もありがとうございました☆
関連記事
スポンサーサイト