こんばんはー
今日、あんりにラーメンを吹かせたあずさです(^0^)v

久しぶりの更新です!

たぶんここまで更新しなかったのも初めてなのですが
間隔があいて「書かなきゃ、書かなきゃ」って思うと
よけいに書けなくなるものですねー(^^;;


さて!

書きます!


比嘉先生に聞いたお話なのですが…

人は転んだら石のせいにする
石がなければ坂のせいにする
坂が無ければ靴のせいにする
靴が無ければ足のせいにする

人はどうしても自分のせいにしない
それを本能として持っている


そこで!

逆の発想をする。

すべてを自分のせいにしたら…
いい身体になって、いいものになって、坂が無くなり、石が無くなる


このお話、ずっと頭の中をぐるぐるぐるぐる回っています。


自分のせいにするって

自分を責めるというわけではなく

自分の中に原因があるってことだと思うのです。


何事にも自分の中に原因がある。

だから自分を見つめ直す。

そしてアクションをする。


よっしゃ!


明日も一日がんばります!



ーーーーーーーーーーーーー


P.S.
あんりさんに教えてもらった「吟じます」にはまってます

http://jp.youtube.com/watch?v=NzxHpVvfnBM

この何とも脱力した笑いがでてしまう感じがいいんだなー☆
関連記事
スポンサーサイト