40代女性、Kさんのケース。Kさんは10代の頃から、頚椎1番2番あたり(首の骨の頭に近い方)に首の痛みを感じておられました。

「肩が辛いときって首を回したくなるんだけど、回すといつもどこかで引っかかりがあってスムーズに回らないんです。コキッコキッって、どこかにとっかかりがある感じなんです。」


初回、全身の骨格の歪みをチェックすると、2-6-9-12ラインにて全身の歪みのバランスをとっていることがわかりました。

HSTIは原因療法的なアプローチをするのが特徴です。全身の骨格をチェックして、一番最初に施術をすべき原因箇所を探します。

Kさんの場合は頭蓋骨2番を原因箇所と突き止めて、施術スタート。全身のバランスを整えるように骨格を調整しました。


「初回施術当日は何も変化がなかった。」というKさん。「けれど翌日、足腰の痛みには変化がなかったものの首がラクに回せている事に気づいた。」とおっしゃいます。

「足腰の痛みに変化はないが、今まで長い間何の変化もなく、ただ悶々としていた日々を思うと施術→首がラク…という事実に喜んでいます。」とKさんからご報告をいただきました。


Kさんには「3~4歳、転んで窓枠におでこをぶつけて脳しんとうになった」という打撲歴がありました。ちょうど顔面骨2番にあたる場所を打ったようです。

顔面骨2番を打ったことで、全身の2-6-9-12ラインの骨に歪みが及びました。その結果、頚椎(首の骨)2番も歪み、その場所に不具合が出ていたのです。幼少時のおでこの打撲歴こそが、Kさんの首の痛みを出していた犯人だったのです。

Kさんに取っては首の痛みの原因が子供の頃の打撲というのは意外だったようですが、骨格の法則を説明すると「なるべくしてなっていたのですね」と納得していただけました。

現在4回の施術を終えましたが「あの日以来、今も首がラクに回せています。」と首の痛みについては改善を感じていただいています。


Kさんには腰痛、左足のしびれ・痛み、というその他の症状もあり、そちらはまだ改善されていません。現在4回の施術を終えた所。これらの症状についても改善を目指して施術を継続中です。


Kさんの首の痛みの改善例、詳しい施術内容はこちらをどうぞ。
「首の痛みの原因は子供の頃のおでこの打撲だった」



【お知らせ】 HSTI骨格調整法 のHPがリニューアルされました!

7月1日にHSTI東京 骨格調整所が恵比寿にオープンしました。

ブログランキング(心と身体・全般のカテゴリ) 
クリックご協力お願いします!


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hstiazu.blog53.fc2.com/tb.php/347-f9a79ff5