職場の方のご紹介でいらした30代女性Sさん。

「1週間前までは背中が痛くて起きるもの苦しかったんです。接骨院とかにも何軒か行って少しは楽になったんですけど、まだ痛くて。」

「背中の痛みがどの辺に出るのか触ってみていただけますか?」

「左の肩甲骨あたり…この辺です。」

確認すると、肩胛骨の高さが左右で大きく違います。左肩胛骨が思いっきり持ち上がり、左肩に覆いかぶさるような感じになっています。

「これはきつかったでしょう~。」

「はい…痛いです(泣)背中が痛いからか、首もつらくなるんですよね…」

お顔のほお骨の高さ、肩の高さ、骨盤の高さも左右で違います。高さが違うということは、骨格が歪んでいるという事。パッとみただけでも身体がとってもきつい事が伝わってきます。

1-5ラインにて施術をしましたが、初回はどこを施術していても背中から首が辛そう。うつぶせで寝ていても首や肩が痛くて、長時間は同じ姿勢で寝ていられない状態。施術後も痛みには変化が見られないご様子でした。


2回目来所時。
「痛みはどうですか?」

「うーん…すこーし背中の痛みが軽くなったような気もするんですけど…。」

「気がするってことはまだそんなに変化もなく、まだまだ痛いって感じですよね?」

「そうですね。やっぱり左の肩胛骨あたりが痛いです。」

「わかりました。他にも痛い所とか出ましたか?」

「はい、腰も痛いですね…。」

背中(肩胛骨)の痛みと、骨盤の痛み。骨格の歪みをチェックすると4-7ラインの歪みが残ります。この歪みを出してきてくれるのを待っていたんです!

スノーボードをされていたSさん。転倒した時の歪みでしょうか。側頭骨が左右で大きく回転しています。2回目は4-7ラインにて骨格を整えました。


3回目来所時。「腰痛はありますが、背中の痛みと首の辛さは殆どないです!」というご報告。

今回のSさんのケースでは、痛みの出ていた肩胛骨自体は施術していません。肩胛骨の兄弟骨である4-7ラインを施術した結果、肩胛骨の高さも揃い、肩胛骨周りの痛みも改善しました。

肩胛骨が痛いからといって、肩胛骨のあたりを揉んだりほぐしたりしただけでは、原因箇所の歪みを取り除けていないので、その場は楽になったとしても何度も痛みを繰り返したことでしょう。

痛みの原因箇所から取り除く事が出来るHSTi骨格調整法ならではの改善例の一つです。


「起きるのも苦しかった背中の痛み」Sさんの詳しい施術内容はこちらから。



【お知らせ】 HSTi骨格調整法 のHPがリニューアルされました!

ブログランキング(心と身体・全般のカテゴリ) 
クリックご協力お願いします!


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hstiazu.blog53.fc2.com/tb.php/339-d6b11876