30代女性Kさん。10年来の腰痛に悩まされていました。「腰痛は仕事を始めた時からだから、職業病なんですよね…」とおっしゃいます。

腰痛がひどくなり、昨年8月には整形外科を受診。レントゲン撮影をしたところ、「腰椎5番がつぶれているが、あとはよくわからない」と言われる。整形外科での治療としては湿布をはったり、理学療法士のマッサージをうける。

子宮内膜症もあり、子宮内膜症の治療(ホルモン剤)を始めた所、以前のような激痛は減ったものの、動くと腰痛がでてつらい。

AZU骨格調整所にいらした時も腰に手をあてて、腰痛が辛そうでした。立った姿勢をみると、骨盤が後傾し、首から頭にかけて前かがみ…といった、いわゆる猫背の姿勢です。

お尻を強打した事がありそうな骨格の歪みがあるのですが、ご本人の記憶には無いとの事。側頭骨も左右で回転していました。

初回は側頭骨や、側頭骨と関係深い4-7ラインにて施術。1回目は施術後もご本人の感覚にあまり変化なし。

2回目。腰痛がでる場所(仙骨1番)に変化しない歪みがあるので、仙骨1番から施術スタート。HSTi専用のブルブルと振動が入る器械で、歪んだ骨をじんわりゆっくりと正しい位置に戻してきます。

その後、頭蓋骨の歪みを主に取り除き、骨盤の後傾をもどして2回目終了。

起きていただくと、「さっきとは違いますねー。さっきよりも腰が楽になっています。」と喜んでいただけました。

施術3回目。施術前に様子をうかがいます。
「前回の翌日は腰痛があったけれど、様子をみようと何日か経つうちに痛みがなくなり、その後はずっと平気でした。」

「前回から2週間ちょっと、腰痛なしで過ごせたんですか?」

「はい。極端に体調が良くなったというわけでもないんだけど…、腰痛は気にならないです。」

お仕事をしながら子育て中のKさん。施術中はウトウトと夢心地、今回も自分だけの時間ゆっくりとリフレッシュされたようです。

「極端に体調が良くなったというわけでもないんだけど、…」ということですが「10年来の腰痛で職業病だと思っていた」のに、「腰痛は気にならないです」となったのは、大きな改善といえるでしょう。


【お知らせ】 HSTi骨格調整法 のHPがリニューアルされました!

ブログランキング(心と身体・全般のカテゴリ) 
クリックご協力お願いします!
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hstiazu.blog53.fc2.com/tb.php/338-a723c88c