今回、返金に至ったのは20代女性のお客様。

ご本人よりもお母様が娘さんのお顔の歪みを気にされて、お母様から電話で問合せがありました。

「娘の顎の歪みがきになるんだけど小顔矯正に行った方がいいのかしら?痛い所はなくて顎だけなんだけど、何回でなおるかしら?引っ込んだ顎は出せるの?」

などなどのご質問が止まりません。

基本的に電話での質問はお断りしていますが、たまたまお昼の時間で手が空いたこともあり、30分以上は話したでしょうか。一度電話を切っても、また電話が鳴りました。

私も施術に時間をとられています。あれこれと電話で論を語るのはお互いにとって時間の無駄。こればかりはやってみなければわからないのです。

実際に調整を受けて体感してもらった方が早いので、返金制度もあることをお伝えしてまずはお越しいただくことにしました。

顎の歪みを気にされて、歯を4本抜いての歯列矯正も現在進行中でした。

歯がまっすぐに生えてこないのには理由があります。頭蓋骨の形に合わせて歯は生えるので、無理やり歯だけ動かそうとしたらよけい頭蓋骨は苦しくなります。この方の頭蓋骨もガチガチに硬くなっていました。

実際に娘さんご本人に確認すると、腰痛や肩こりもありました。

お身体を拝見させていただき、骨格の歪みをチェック。頭部の歪みが大きく、頭蓋骨や顎の骨の動きも硬く、歯列矯正も進行中。そう簡単にとれる歪みではないという印象。

脊柱の側湾もあります。うつぶせで寝ると身体が斜めに捩じれます。


「何回くらいかかりそう?」という質問に対しては現在の身体の状態を説明して、通常よりも時間がかかりそうな事をお伝えしました。

「じゃあ、無理ってこと?」

「無理とは言いたくないし、もちろん改善の方向に向かうようがんばります。ベストを尽くします。ただし、ご満足いただける結果を出すまでには相当な回数がかかると思います。」

「たとえばだけど何十回ってかよえば100%顔のゆがみは戻せるってこと?」

「100%を目指しますが、100%まったくの歪みのないシンメトリーになるとは言い切れないです」

「じゃあ、この子の歪みをとるのは無理かもしれないってことね」

そんなやり取りが続き、

「まぁ、初めからそんなに期待している訳でもないし…。とにかく3回、施術を受けてから考えます」と帰られました。


2回の施術を終えて数日後の電話。

「あれから娘とも話したんですけど…、先生に100%はなおせないって言われたのがやっぱりショックだったみたいなんですよね。近いから続けて通いたい気持ちもあったんだけど、2回受けてもほとんど変化を感じないものは3回受けても一緒かなと思って。ご縁がなかったと思って3回目はキャンセルしてここで返金していただいてやめようと思います。」



AZUでの施術でまったく改善をしなかったと言う訳ではありません。

施術前、うつぶせに寝ると大きく捩じれていた身体が、初回の施術にてうつぶせで寝ても身体が捩じれずまっすぐになりました。これは、この方の身体にとって、大きな良い変化と言えます。

ですが、まだまだたくさんの歪みが残っており、歯列矯正も進行している中、ご満足いただける結果が出るまでに相当な回数がかかる事もわかっています。

お客様にご満足いただけなかったのも、お客様ののぞむ結果を出すことが出来なかったのも事実。2回分の施術料金を全額返金させていただきました。


対症療法が主流の中で、HSTi骨格調整法は今までにない原因追求型の施術となり、多くのお客様に喜んでいただいています。私も自信をもってHSTi骨格調整法のみで施術をしています。ですが、このように時にはご満足いただけないケースもあるのです。


新規のお客様の「何回かかるかわからないのでは不安」「骨格調整って何?骨って動くの?本当によくなるの?」という不安な気持ち、もちろんよくわかります。1回90分8,000円というお値段もけっして安いとは言えません。

私にとって時間と労力を無駄にすると言うリスクはありますが、お客様にとってのリスク軽減と、私自身が施術者としてお客様への施術に責任を持ちたいと言う思いから、AZU骨格調整所では返金制度を設けているのです。



【お知らせ】 HSTi骨格調整法 のHPがリニューアルされました!

ブログランキング(心と身体・全般のカテゴリ) 
クリックご協力お願いします!


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hstiazu.blog53.fc2.com/tb.php/331-b1c9a8e9