ご家族の紹介でいらした50代女性。
肩こり、腰痛、手のしびれ、耳鳴り等の症状の他に、身体のあちこちに脂肪腫ができていました。

骨格の歪みを読んでいても、グリグリとした塊、脂肪腫が手に触れます。特に肋骨3番、肋骨5番にある脂肪腫が目立ちました。

骨格の歪みも1-5ラインと3-8ラインが目立ちます。
このようなグリグリ、脂肪の塊だったり、ガングリオンだったり…も骨格の歪みがある所に出来ている方、とても多いんです。

骨を触りながら、骨格の歪みをチェックしていると
「どうして痛い所がわかるの?あ、そこ!って思う所で手が止まるのね。」
「ちゃんと骨が教えてくれるんですよ。骨が歪んでいる所をもっと歪む方向に押したら痛いけど、元の位置に戻す方向に押したらとっても気持ちいいんです。」
「不思議ねー。」

初回は1-5ラインにて骨格を整えました。
骨格の歪みをじんわりと戻す専用の器械をセットすると、「本当に不思議、そこを押してって思う所を押してくれるのね。気持ちいい。」

施術後。
「今日は背中の大きなグリグリがある所(肋骨5番)と、その兄弟骨の調整をしました。肋骨の1番も大きく歪んでいたから、それで肩こりになっていたんだと思います。今、ご気分はどうですか?」

「そうね、身体がポカポカして、身体が軽いわ!肩も軽いみたい。」

「グリグリもたくさんあるけれど、こういうのも歪んでいる所に出来るから、この塊もいずれ目立たなくなっていくと思いますよ」

「あら、そうなの?楽しみだわ。」

顔色がよくなり喜んで帰宅されました。

1週間後の2回目施術時。
確認すると胸椎5番にあった脂肪腫が小さくなっています。
「ここのグリグリ、小さくなりましたね!」

「そうなの。美容院に行っても前よりも肩が柔らかくなってるって言われたし、1週間身体が楽だったわー。でもさっき高い所に腕をあげて掃除してたら背中が痛くなったのよ。」
痛くなった場所を確認すると胸椎3番でした。これもまた脂肪腫のある場所です。
骨格の歪みも確認した上で、3-8ラインにて施術。
3-8ラインの歪みを出すことになった原因箇所は仙骨3番でした。

3回目来所時。
「今までずっと夜中のトイレの回数が多かったのよ。一晩に3回。でもね、最近は一晩に1回に減ったわ。」というご報告。

前回、骨盤周りの骨格を調整した事で、膀胱も圧迫されなくなったのでしょう。

4回目来所時。
「最近はマッサージを受けたいという気持ちが起こらなくなったわ。耳鳴りも時々気にならないで過ごせる事が出てきたの。まだ右手のしびれは取れないけど…。それから首もちょっと違和感があるわね。」

5回目来所時。
「右手はまだしびれるし痛いんだけど、全体的に背中も肩もやわらかくなって楽になってきてるの。」

骨格の歪みを確認する際にも、グリグリとしていた脂肪腫が手に触れる事がなくなりました。

現在、9回の施術終了。
「ここに来ていると身体の疲れ方が違うのよ♪」
…と、1ヶ月に1回のペースで通ってくださっています。

出産時の複雑な歪みもあり、回数はかかりそうなのですが、コツコツと骨格を整えていく事に前向きです。
右手のしびれと痛みがまだ取れていないのですが、早く楽になっていただけるよう頑張ります!


ブログランキング(心と身体・全般のカテゴリ) 
クリックご協力お願いします!

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hstiazu.blog53.fc2.com/tb.php/324-270acad5