20代女性、Kさん。
背中の痛みと足先の冷えにお悩みで来所されました。

背中のどの辺りが痛むかをお伺いしたところ
「この辺です」とKさんが指さした場所は胸椎3番~7番あたり。

特に座って仕事をしている時に痛みが気になるそうです。

骨格の歪みを読み、Kさんの場合はまずは側頭骨から調整。
そして、肋骨、腸骨…と調整をしていきました。

2回目、股関節、大腿骨、肩周りの骨などの歪みを調整。

3回目いらした時に調子を伺うと
「足の冷えは今までよりもいい。
背中の痛みもこの辺だけになったよ。」


胸椎の6番あたりに痛みが残る状態でした。

胸椎、肋骨の6番は揺らすと歪みが消えたので
まずは歪み方が変化しなかった仙骨2番の調整をしました。

そして、Kさんは学生の時にバレーボール部だったそう。
「そういえば…バレーボールしてた頃は腹筋が割れていたんだけど、
鏡をみると腹筋が左右対称じゃなくって。
これって何か関係あるのかな?」

これを聞いて「ピン!」と来ました。

バレーボールってボールを受ける時に
けっこう身体のあちこちが床にうちつけられますよね。
お腹側(肋骨の前側)も、床にうっている姿、テレビでもよく見ます。

今までもお腹側(肋骨の前側)の歪みをチェックしていたのですが
まだ見つけられてない歪みがあるのかもしれない、と
あらためてKさんの肋骨の前側をよーく確認していくと…。

ありました、ありました!
床に打った際に出来たと思われる歪みをいくつも見つけました。
それらの肋骨前側の歪みを徹底して取り除いていくと…。

「なんだか楽になった気がするー」とKさん。

まだ完全に取り除けた訳ではありませんが、3回目終了。


その一週間後に嬉しいメールが届きました。

「あれから背中痛くなってないです!
12月は忙しいけれど、なんとか時間をつくって
もう一度は行けるといいな」


それから1ヶ月半。
今日また嬉しいメールが届きました。

「予約するって言って、連絡しないでごめんなさい。
おかげさまで背中の痛みは今のところ大丈夫そうです!
でもまた全体的にみてもらいたいから近々行きまーす♪」

一度でも施術をさせていただいた方のことは
その後どうされているかな…といつも気になっているので
このメールを受け取って本当に安心しました。


基本的には肋骨の歪みのチェックは背面で行い
アプローチも背面にする事が多いです。

しかし、Kさんのようにお腹側を打っている場合、
しかもその場所に変形した歪みまで作ってしまっている場合は
その原因箇所の歪みに直接アプローチして取り除かない限り
改善には導けません。

HSTiは原因療法的なアプローチをするので
原因箇所の絞り込みが重要。

Kさんの
「そういえば…バレーボールしてた頃は腹筋が割れていたんだけど、
鏡をみると腹筋が左右対称じゃなくって。
これって何か関係あるのかな?」

これが大きなヒントとなりました。



ブログランキング(心と身体・全般のカテゴリ)に参加中

↑ ↑ ↑ ↑
必要とされている方々にHSTi骨格調整が届きますように。
今日もクリックご協力いただけると嬉しいです。

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hstiazu.blog53.fc2.com/tb.php/299-9ad574bc