50代男性 Fさん。
夏にラジオ体操に参加した後から腰痛が始まる。

徐々に痛みがひどくなり
【左のお尻~太ももの後ろ~膝の後ろ~足の甲】にも
痛みとしびれを感じるように。

まずは整形外科を受診されたそうです。
飲み薬と湿布を処方され、隔週で2ヶ月通院するもよくならず。

MRI検査にて「腰椎の下の方で神経が圧迫されている」と診断を受け、
ブロック注射を薦められる。

「痛そうだから注射は嫌!」ということで、
以前から奥様が通われていたAZU骨格調整所にお越しになりました。

骨格の歪みを拝見すると、頭部も背中(肋骨)も腰回りにも、
大きな歪みがたくさん。
全身がカチコチで、身体がとってもきつそうです。

立位・座位・伏臥位・仰臥位、そして揺らしても変わらない歪みを発見。
仙骨3番が大きく大きく左に下がっていました。
いつぎっくり腰を起こしても不思議ではないくらいの大きな歪み。

ご本人に確認しても打撲歴はないという事でしたが
スキーやスノーボードをされていたという事ですので
多分何度か転んでお尻を打っているのだと思われます。


仙骨3番から調整スタート。
肋骨、頭部の関連する骨も整えて初回は終了。

歪みの多い方だったので、1週間~10日くらいで次回お越しいただくようにお話しました。


それから2ヶ月。
ようやく連絡がありました。

「あれからずっと痛みもなく大丈夫だったのだけど、
また腰と膝が痛くなってきて…。また予約お願いします」


当然です。
だって、まだまだ歪んでいる箇所はいっぱい残っているんだもの。
逆に、あれだけの痛みと歪みがあった方が、
1回の施術だけで、よくも2ヶ月も痛みがなく過ごせたものだ…と、思います。

今日、2回目の施術にお越しになりましたが、
「いやー、あれからとっても良かったんです。
痛みがなくなっちゃうと、つい足が遠ざかっちゃってー」とFさん。

今日は側頭骨、そして関連する箇所を整えて終了。
また痛みはなくなりました。


でもまだ歪みは残っています。
痛みが出たら早めに、痛みが出なくても
今度こそ間を空けないで次回来てくださいとお話させていただきました。


お医者様やお薬を否定するつもりは全くありません。
私もお医者様にもいくし、お薬だって飲みます。
ただ、お薬も湿布もブロック注射も、すべて対症療法です。

HSTi骨格調整法は、原因箇所から根本的に改善します。
Fさんの場合もあれだけの痛みと歪みがあった方が、
しかもお薬を飲んでも全く良くならなかった方が、
1回の施術だけで、よくも2ヶ月も痛みがなく過ごせたものだ…と、思います。



ブログランキング(心と身体・全般のカテゴリ)に参加中

↑ ↑ ↑ ↑
必要とされている方々にHSTi骨格調整が届きますように。
今日もクリックご協力をお願いします

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hstiazu.blog53.fc2.com/tb.php/293-f99c9d5e