先日、行きつけのお蕎麦屋さん併設のギャラリーで
太平洋に浮かぶ島国、ツバルの写真展をおこなっていました。
どこまでも広がる青い空と青い海、
キラキラと目を輝かせる子どもたちに引き込まれるように写真をみました。

珊瑚礁でできた土地は標高1m程しかなく、
地球温暖化の影響で、将来しずんでしまうかもしれないと言われているそうです。

だんだん海面が上昇してきたため、井戸にも海水が混ざるようになり
農業も塩害で成り立たなくなってきている。

今までは自分の国の中ですべてのものをまかなっていたのだが
飲み物や食料を輸入せざるを得なくなってしまった。

そうすると何が起こるか…

缶やプラスチックなどの容器がゴミとして出るようになるのですが、
経済的な状況と、珊瑚礁という地盤のため、ツバルではゴミの処理施設を作ることはできず
きれいな島がゴミで埋め尽くされていく…という写真を目の当たりにしました。

きれいな海、きれいな空、島の人たちの笑顔
そして、ゴミで埋め尽くされていく土地…

何とも複雑な気持ちになりました。


私たち一人一人にできることが書いてありました。

電気と水の節約
なるべくゴミをださない
買い物の時にリサイクルマークやエコマークのついている商品を選ぶようにする
周りの人たちにこのことを伝えていく

…そんな事わかっているよ、という位に当たり前の事だけれども
どのくらい、出来ているのでしょうか。
もっと出来る気がします。

日本という先進国にすんでいる私達ができる事。
大切な地球を守る為にできる事。
ひとりひとり出来る事は些細な事だけれども
その積み重ねが大きな力になると思います。

「ツバル」で検索するとたくさんのHPがありますので
皆さんもぜひ見てくださいね。
関連記事
スポンサーサイト