ある日のツイッターにこんな書き込みがありました。
@urs_shiget「今度、私の嫁を骨格美人にして下さい(>▽<)」

面識はなかったのですが川越つながりでフォローした
川越在住のクリエイター、やまがらしげとさんからでした。

はい。骨格美人、喜んでご注文承ります(笑)。
奥様が美しくなられて、ますます惚れ直しちゃいますよー。」

と@HSTi_azuより返信した所…

「嫁に話したら興味津々で、近々予約して伺うと思いますので
宜しくお願いしますです(*´∀`*)」


ということで、さっそく来所してくださいました。


しげとさんの奥様でイラストレーターのchiコロさん(20代)。

頭痛・肩こり・腰痛などの症状があるそうですが、
初めお話を伺う中で「うつぶせでしか寝る事ができない」という言葉が
とても引っかかりました。

骨格の歪みを拝見すると、一見しただけでは
変化しない歪みが見受けられません。

でも、気になったのが、後頭骨のもこっとした盛り上がり。
そして仙骨(お尻の骨)も同様に上方に盛り上がっています。
お尻が後ろに突き出たような感じをうけます。

「もしかしてお母さんのお腹の中にいた時に逆子でしたか?」
とお伺いすると
「はい。逆子だったのをなおしたと聞いた事があります。」…と。
ビンゴです。

逆子の子はお腹の中でお尻を下にしているので、
お母さんの骨盤と赤ちゃんのお尻があたり
お尻の骨が上方に変位してしまう事があります。

chiコロさんの場合も【逆子特有の歪み】そのものでした。

上方に変位しているので、下方におろしてあげれば楽になるはず。
お尻の骨を下方に落とすように、そして後頭骨も同様に下方に
じんわりじっくり、優しい力で下方に落としていきます。

chiコロさん、まだまだ他にも調整した方がいい歪みもありましたが
初回はここで時間切れとなり終了。

施術終了後、chiコロさんはしきりと鏡を見て
ご自身の横から見た姿をチェックされていました。
「お尻ずっと気になっていたんです。変わったー!」
と、とても嬉しそう。

その後ご主人のしげとさんからも嬉しいご報告をいただきました。

「あずさんのお手前ホントに凄いと思います!
嫁はあずさんに骨格調整して頂いてからうつぶせで寝ることが
なくなったみたいです(*´∀`*)
嫁と私は睡眠の周期が全く違うのでよく解りますですよ。
お見それ致しました\(^o^)/ 」



HSTi骨格調整ではお母さんのお腹の中にいた時までさかのぼり
原因を探っていきます。

chiコロさんが今まではうつぶせでしか寝る事ができなかったのは、
胎内逆子の時に仙骨が上方に変位、
その結果として反り腰になっていたため、
仰向けが辛かったのだと思います。


「嫁は姿勢が良くなって明らかに体型が変わりました。」
というのもご主人のしげとさんの感想。
こんな風に大好きなご主人様から言われたら奥様も嬉しいことでしょう。

まだまだこれから骨格美人度アップしますから…。
どうぞお楽しみに。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
10月16日追記

「あずさんのブログ、私らの名前を出しても構いませんよ。
その方が真実味が増すかと(*´∀`*)」


…と、ご本人様よりお名前掲載の了承をいただきましたので、
再編集させていただきました。

ご主人様 やまがらしげとさんのHPはこちら
奥様   chiコロさんのHPはこちら

キミとボク ←しげとさんクリエイト、chiコロさんアシスタントの
       とてもすてきなアニメーションです。ハンカチ必須です。



ブログランキング(心と身体・全般のカテゴリ)に参加中

↑ ↑ ↑ ↑
必要とされている方々にHSTi骨格調整を届けたい。
今日もクリックご協力をお願いします。

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hstiazu.blog53.fc2.com/tb.php/282-22cc44a6