30代男性。
サッカー、スノーボード、テニスなどが好きなスポーツマンのHさん。

運動が好きな方は、やはりそれに伴い怪我や打撲も多いもの。
Hさんも大きな衝撃の伴う打撲歴がいくつかありました。

【打撲歴】
・サッカーで右足首を捻挫(内側にひねった)
・出窓の下から立ち上がった時に後頭部を打撲
・サッカーでオーバーヘッドキック→腰をうった
・スノーボードで転びお尻をうった
・サッカーでもお尻をうった

【症状】
・顎関節症 ジャリジャリと音がする/かっくんとなる
・耳鳴り
・右足首の痛み
・肩が痛い
・腰痛


まずHさんをパッとみただけでも、お顔が左右対称ではありません。

骨格の歪みを読むと、
やはり側頭骨が大きく左右でずれ、
それに伴いアゴも左右で大きくずれていました。

Hさんの場合は、
初回、側頭骨を調整後、関連する場所の調整、
そして股関節の調整を行いました。


2回目。
様子を伺うと「右足捻挫の所が気になる、歩いたり座ったりしていると調子が悪くなる」そう。
主に腰回りと足に骨格の歪みが確認できました。

そこで、お尻を打った事によって歪んだ尾てい骨と
関連する2-6-9-12ラインの骨を調整。

そして【右足首を捻挫】した時に歪んだと思われる、骨格の歪みを調整。
くるぶしはもちろんの事、捻挫は足根骨も大きく歪ませるので、
足根骨の調整も欠かせません。

HSTi骨格調整の理論の中で、足根骨はアゴや側頭骨とも
関連の深い場所という事もわかっています。

足は身体の中でいう土台の部分。
全身でバランスをとる時に、歪みはどちらかというと上に逃げやすいので
足が歪んでいると全身に及ぼす影響も大きいのです。


3回目お越しになった時には
腰回りの違和感や右足首の痛みなどはまだ残るものの、
「顎関節症に関してはアゴが楽になって、カックンとならなくなった」
という嬉しいご報告をいただきました。


Hさんの場合は、アゴ自体をぶつけたりした記憶はないそうです。

アゴ自体をぶつけた事がなくても、
アゴは側頭骨にブランコのようにぶら下がっているので、
側頭骨が歪んでいると、当然その下のアゴにも影響が及び
不具合を感じる事が多いのです。

また、アゴと大きく関連する、足根骨の調整も効果大だったよう。


HSTi骨格調整にて「顎の違和感が減った、噛み合わせが良くなった」
という声をたくさんいただきます。

他にも噛み合せについての症例がありますので、またあらためてご紹介いたします。



ブログランキング(心と身体・全般のカテゴリ)に参加中

↑ ↑ ↑ ↑
このクリックが未来の子ども達の世界を明るくします!
今日もご協力お願いします☆
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hstiazu.blog53.fc2.com/tb.php/278-a6c1c73d