40代女性。Tさん。

【症状】
うつ病(内服薬服用中)
体全体が震える
耳まわりに違和感
アゴの違和感と右アゴ付根部分の痛み
思考能力の低下(日にちなどがいっさい頭に入ってこない)
首の痛み
食欲無し
椎間板ヘルニア

【打撲歴】
小さい頃に頭を殴られた事がある


初回、とにかく身体が辛そうで、顔色も悪く、身体は震え、
立っている事も、話す事もすべてがしんどそうな状態。

何かを話そうとしても、言葉よりも先に涙が出てきてしまう様子。
ご家族に付き添われての来所でした。


骨格の歪みを読むと、
頭部(特に側頭骨)の歪みがとても大きく、
身体も側頭骨と関連する部分の骨があちこちでバランスをとり
大きく歪んでいます。

原因箇所である頭の骨の歪みをとる事から施術を開始。
その後、下部肋骨、仙骨(お尻の骨)、頚椎(首の骨)を調整して
初回は終了です。


初回終了後、だいぶ身体が楽になり、安心されたのか
今までの事をお話ししてくださいました。

「自分の体調があまりに辛くて、家の事もままならず
子ども達にも辛くあたってしまい、自分を責める毎日だった。
この先どうなってしまうのか不安でたまらなかった。
でも、今日はとにかく安心しました。骨の調整で変わるんですね。」…と。

この時も泣いておられましたが、明らかに目には力が出てきて
お越しいただいた時の涙とは全く違います。


その後のご様子を、付き添われたご家族の方にお伺いしたのですが
「帰り道に、『お腹がすいた』と言うので
回転寿しに連れて行ったらTは7皿もぺろりと食べたんです。
最近全然食べられなかったから、もうビックリしてしまってー。
行きはあんなにグッタリして倒れそうだったのに、帰りにはまるで別人(笑)。だって、7皿も食べるなんて!」と
こちらもまた嬉し涙を流しながら、お話してくださいました。


その後もTさんはHSTi骨格調整を受けにいらして
約1ヶ月の間に合計して7回施術を受けられました。

その間には体調の浮き沈みもありましたが、
途中からはご自分で車を運転して来られる程、気力も出てきて
体調も日に日によくなり、顔色も改善。
笑顔が増え、7回目には体調はほぼOKとなりました。


Tさんの場合は、子どもの時に頭を殴られたことで、
大きく頭蓋骨が歪んだのでしょう。
30年程も前の事ですが、骨にはしっかりとその痕跡が残っていました。
その衝撃を吸収する為に頭蓋骨は歪み、その後関連する部分、
身体全体の骨までも歪めて全身でバランスをとった結果
身体のあちこちに不調が起きていたのです。


もし、同じように悩んでいる方がいたら伝えたい。

大丈夫。悪さをしているのは、骨格の歪みだから、
その歪みをとってあげれば楽になりますよ。



ブログランキング(心と身体・全般のカテゴリ)に参加中

↑ ↑ ↑ ↑
このクリックが未来の子ども達の世界を明るくします!
今日もご協力お願いします☆


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hstiazu.blog53.fc2.com/tb.php/277-010433ff