50代男性。

背中の痛み(胸椎4番あたり)
右手1・2指のしびれ

病院のMRIで神経圧迫していると言われたそうで、
「骨とは関係ないけれど、とりあえず人に勧められたから…。
でも病院で治らないものがなおる訳ないでしょ…」と不信感たっぷりでの来所でした。

打撲歴をお伺いしても、「そんなの関係ないでしょ?」くらいの勢い。
「特にどこもぶつけたことなんてないねー」とのこと。

そうですよね。
「骨がそんなに簡単に動く」なんて思わないし、
「骨格の歪みが原因で症状が起きている」なんて思わないですものね。

こんなときこそ、冷静に骨の歪みを読む事に集中!

骨格の歪みを読むと、ちゃーんと原因箇所(変化しない歪み)、
ありましたよ!

胸椎4番LPS、肋骨4番RPS。
胸椎と肋骨が互い違いの向きで歪んでいます。

この互い違いの歪みが起きていると、身体はとってもキツいのです。
「非常事態発令~!」とばかりに、苦しいような痛みを出します。

胸椎4番、肋骨4番から施術スタート。
その後、4番と関連する4-7-11ラインの骨を整えていきます。
側頭骨、頭部4番、頚椎7番、頚椎4番の調整にて初回終了。


2回目お越しいただいた際には、背中の痛みは消えていました。
その後も背中の痛みは再発していないそうです。

MRIで神経圧迫していると言われても、それは結果です。
原因から戻せばいい。

硬いと思っている骨、実は簡単に動きます。
論より証拠なのです。




ブログランキング(心と身体・全般のカテゴリ)に参加中

↑ ↑ ↑ ↑
あなたとあなたの大切な人がいつまでも笑顔でいられますように…!
今日もご協力お願いします☆

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hstiazu.blog53.fc2.com/tb.php/271-c8971190