30代女性。Mさん。

【打撲歴】
交通事故(車運転時に壁にぶつかる)→胸を強打(胸骨2番3番あたり)
スキーで転んで右膝靭帯を痛める
スキーでしりもち

【初回の症状】
背中の痛み(肋骨10番~12番あたり)
腰痛(腰椎3番4番あたり)

特に仰向けで寝られない程の腰痛が一番辛いとのこと。

骨格の歪みを拝見すると…
スキーと交通事故の時の衝撃がしっかりと身体に残っています。

初回は腸骨、側頭骨、そして腰椎3番と肋骨3番を調整しました。


2回目来所時。腰痛は軽くなっているものの、まだ残っています。

そして、うつぶせで骨格の歪みを見ていると、鼻をすする音。
途中、鼻水が止まらなくて、何回も鼻をかんでいらっしゃいました。


鼻水が止まらない時。
まさか骨の歪みで…と思いますか?
HSTi骨格調整では、「鼻水だってドンと来い!」です。


鼻は顔の中でもでっぱっているので、ぶつけたり、けんかで殴られたり
鼻自体が原因箇所になりやすい場所です。

Mさんの場合は、鼻は原因箇所ではありませんでした。
初回で調整した腰椎肋骨3番と関係する、後頭骨3番。
ここにに歪みが逃げて行った結果、
鼻水という症状としてあらわれていました。

(鼻は頭部の骨を分割した時に3番の輪っかの中に入っています。)

後頭骨3番は右方向に横ずれをおこしていたのですが、
この横ずれを、じんわーりゆっくり正しい位置に押し戻していくと…
鼻水もピタッっと止まりました。

本当にピタッと手品みたいに鼻水が止まるので、
「え?止まったよ?今何したの?なんで?」とビックリされました。

残念なことに、あずは手品は出来ません。
ただただ、骨格の歪みを元通りに整えただけです。

「滝のように流れる勢いだったのに、ピタッと止まってビックリした!」
と何度もおっしゃっていたMさん。

骨格調整は地道な作業ですが、インパクトは大だったようです。

腰痛も5回の施術で改善しました。


ブログランキング(心と身体・全般のカテゴリ)に参加中

↑ ↑ ↑ ↑
このクリックが未来の子ども達の世界を明るくします!
今日もご協力お願いします☆

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hstiazu.blog53.fc2.com/tb.php/270-86f03e54