20代男性のお客様。
背筋痛、腰痛、そしてお尻から太もも後ろにかけてしびれた感じ
がありました。

整形外科にて「坐骨神経痛」と診断されて、湿布をはったり、
他の整体でマッサージを受けたり…とする事、半年以上。

なかなか改善しないということで、
AZUを見つけていらしてくださいました。

まだまだお若いのに、最初いらした時には、腰をくの字に曲げていて
「こうしていないと腰がいたくて…」と弱々しい笑顔。

これはなんとしてでも、早く楽になっていただかなくちゃ!


整形外科では、「坐骨神経痛」だから、しびれが出ていると診断。
「坐骨神経痛 イコール 原因」 と言われます。

それを改善する為に湿布をはる。鎮痛剤を服用。
時にはブロック注射をしたり、手術を選択する事もあります。


HSTiでは、坐骨神経痛は原因ではなく、
骨格の歪みの結果と考えます。

坐骨神経痛という症状を出す事になった
骨格の歪みを見抜いて、その歪みに優しくじんわりとアプローチ。
痛みのない施術にて、原因から取り除く事が可能です。


Kさんの場合は、階段ですべってお尻を強打したことによる
骨盤周りの骨(仙骨や腸骨)の歪みと股関節の捩じれ。
これが原因となり、坐骨神経痛の症状を出していたようです。


半年以上苦しんだ、坐骨神経痛、
HSTi骨格調整法にて5回の施術で改善、卒業しました


最初の弱々しい笑顔とはうってかわって、
希望いっぱいの笑顔になったKさん。

Kさん、ご卒業おめでとうございます


ブログランキング(心と身体・全般のカテゴリ)に参加中

↑ ↑ ↑ ↑
このクリックが未来の子ども達の世界を明るくします!
今日もご協力お願いします☆



関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hstiazu.blog53.fc2.com/tb.php/263-66ef7bf4