皆さんが活用しているメリックチャート。
原因を突き詰めて考えずに、メリックチャートに載っているから…というだけで
施術してはいませんか?

例えば…
「左膝が痛いんです」というお客様がいらした場合。

左膝痛はS1(仙骨1番)だから…仙骨1番に器械をセット!
…というような施術をしていませんか? 


たしかに仙骨1番にも、歪みがある可能性は高いけれど、
仙骨1番がはたして原因箇所なのか?
それとも仙骨1番は対応して歪んでいる箇所なのか?

そこをしっかりと見極めないと、原因療法ではなくなってしまいます。
施術の流れもまったく変わってきます。


メリックチャート・デルマポイント・HSTDパターン。
どれか一つではなく、どれも大切。
これらをすべて関連して捉えていきましょう!


Image385_convert_20090914233808.jpg



ブログランキング(心と身体・全般のカテゴリ)に参加中

↑ ↑ ↑ ↑
このクリックが未来の子ども達の世界を明るくします!
今日もご協力お願いします☆
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hstiazu.blog53.fc2.com/tb.php/167-a49e6760