必ず出来るの!

あきらめちゃったら出来ないの。

必ず出来る。

自分の事だから、自分を信じるしかないの。

いつでも100%やっていないと、そこから先に行かないの。

君は必ず出来る。


以前みたテレビ番組「情熱大陸」に出ていた小学校の音楽の先生
桜井睦子さんが子ども達にかけていた言葉です。



HSTIの開発者、比嘉進先生もいつもこの言葉を言っています。

「あきらめない!」「あきらめない!」「あきらめない!」

比嘉先生はあきらめなかったから、この骨格調整法を開発できたんです。


人は小さい頃から、あきらめるよう、あきらめるようと教育されてきています。
みなさんもついつい、言っていませんか?

「私は歳だから…」
「私は不器用だから…」
「私は覚えが悪いから…」

「○○だから出来ない」のオンパレード。


かくいう、私も以前はアキラメルのが大得意
何かと「出来ない理由」を考えるのも大得意でした。



でも、人はあきらめなければ、出来る。


そう!

「出来ないのはやらないから」です!

自分で自分の可能性にフタをしてしまうのはもったいないですね。


今、HSTI骨格調整法を学んでいる方、
これから学ぼうという方。

熱意を持って、あきらめなければ、絶対できるようになります。


やるかやらないか。
決めるのは自分です。

自分以外の誰にも、決める事はできません。

「やる」と決めた方。
ご一緒に頑張りましょう!



今、このブログを書いている時に
あるメルマガが届きました。

めちゃくちゃシンクロ♪
何ともグッドタイミング♪
そこに載っていた言葉も抜粋させていただきます。


『なんとしてでも2階にあがりたい』という熱意があれば、
ハシゴというものを考え付くんです。

ところが、ただなんとなく『上がってみたいな』と思うぐらいでは、
そこまではいかない。

『どうしても、なんとしてでも上がりたい。自分の唯一の目的は
2階に上がることだ』というくらいの熱意があった人が、ハシゴを
考え付いたと思うんですね。

- 松下幸之助(パナソニック創業者)-


松下さんの言葉にもあるように、
目標や夢を達成できない人の原因のほとんどは
単に熱意や本気度が足りない、
絶対にやると決断、決意できていないからです。

これまで、どれくらいの時間、それを続けてきたのか?

今のままでいいのか?

これから、5年、10年先、このままでいいのか?

今が決断すべき時です。

(メルマガより抜粋)





ブログランキング(心と身体・全般のカテゴリ)に参加中

↑ ↑ ↑ ↑
ちょっとランキング下がってしまいました。
これからまた頑張って書くので、クリックご協力お願いします☆


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hstiazu.blog53.fc2.com/tb.php/151-e9f10d27