昨日、菅平高原へそば打ち体験に行ってきました。

初めてのそば打ちでしたが、とても丁寧に教えていただき
楽しく、そして初めてにしてはおいしいおそばに仕上がりました。

そば包丁・こま板・お蕎麦用の長い麺棒…など
初めて触れる道具を使うのが、大変でした。

使いこなす、と書きたいのですが、
使いこなす、という表現にはほど遠く、なんとか使うというのが精一杯。

どうしても、ついついと力が入ってしまうのです。


教えてくださった先生が、
「力を入れても疲れるだけ。いかに力が抜けるか…ココにかかっています」と
何度もおっしゃっていました。

先生のお手本を見ていると、
まさにそば粉と道具と作り手が一体になっています。

なんていうんだろう。

一つの世界が出来上がっている感じ。
一体になるってすごいなーと思いました。


これって骨格調整もたぶん同じ。

道具(器械)を自分の手足のように使いこなして、
お客様と器械と施術者が一体になった時、
骨格もスイスイと動くんだろうな~。


RIMG0080_convert_20090526233505.jpg
菅平高原牧場の羊さん、とても優しい目が印象的でした。


昨日は、おひさまちゃんのお誕生日でした。
1日遅れだけど、お誕生日おめでとう!
大切なお友達、出会えた事にありがとう☆


いつも応援クリックありがとうございます


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hstiazu.blog53.fc2.com/tb.php/123-2093e5a7