検査をしても異常なし。この激痛は原因不明? その1の続きです。

骨格が整い出すと、あれだけ辛そうだったSさんにも目力がもどり、激痛の回数が減り、身体の震えもなくなり、会話が増えていきました。

途中途中では「喘息の咳がつらかった」「肩が痛くなった」「頭がぼーっとした」「熱っぽかった」…といった症状もありましたが、施術回数を重ねるにつれ、顔色も良くなりお顔の表情までもどんどん変わっていきました。

ですが、最後まで残ったのが、「腰痛の後に全身がピリピリヒリヒリする」という症状。

7回目のこと。
「息子がネットで調べてくれたんだけど『全身ピリピリひりひりで痛み止めも効かないという原因不明の難病があるらしい。お母さん、それじゃないの?』っていうんです…。先生、私その原因不明の病気みたいです。だからなおらないと思う。」

「Sさん、激痛だって原因不明だと思っていたけれど、骨の歪みを取ったら楽になったでしょう?ピリピリヒリヒリだって、骨の歪みをとっていったら十分に改善する可能性があるんだから!がんばろうね!」

「…。」

「大丈夫!どういう時が一番ピリピリヒリヒリが辛いです?」

「車に乗った後。あれが一番キツい。」

「座った後ね。それ大きなヒントです。お尻が圧迫されると症状が出るってことは、お尻周りの骨に何か原因の歪みがありそう。お尻周りの骨、もう一度良く見ていきますから!」


確認すると、腰回りの骨、仙骨や坐骨が右横にずれています。自転車で左に倒れて打ち付けた影響がまだまだ骨に残っているのです。

よく見ていくと腰回りだけでなく、左腕も左の脇腹も左顎にも歪みがありました。自転車で左に倒れたときにこんなにも沢山の場所をぶつけていたんですね。それらの歪みを一つずつ取り除いて行きました。


その翌週、8回目。「車に乗った後もピリピリヒリヒリが大丈夫だった!」というSさん。心配性のSさんでしたが、この頃から前向きな言葉も多く出るようになりました。

「最近はだいぶ元気になってきたからお料理作ったり身体動かしたりがんばっているの。でも買い物とか遊びにいくのは出先で何かあったら怖いからまだ行けないけど。倒れたりしたら皆に迷惑かけるでしょ…。」

「そろそろ遊びに行っても大丈夫だと思うけど…。Sさん、元気なときはどこに遊びにいくの?」

「歌を歌うのと踊るのが好き!前はよくいってたけど、行って具合悪くなった事があって。ほら迷惑かけちゃうから。だからそれが怖くてしばらく行ってない。」

「Sさん、だいぶ元気になってきているし、行けそうだったら遊びに行ってみてくださいね!」

Sさんの改善例。その3(完結編!)に続きます。続きはまた明日。


【お知らせ】 HSTI骨格調整法 のHPがリニューアルされました!

7月1日にHSTI東京 骨格調整所が恵比寿にオープンします。

ブログランキング(心と身体・全般のカテゴリ) 
クリックご協力お願いします!

関連記事
スポンサーサイト
60代女性、Sさん。娘さんに付き添われてAZU骨格調整所にお越しになりました。

悪寒で身体は震え、呼吸も荒い。左半身(特に腕と肩)には激痛がはしる。目はうつろで顔色も悪く、今にも救急車で運ばれてもおかしくない状態でした。

どのような姿勢でも辛そうなので、急いで骨格の歪みをよみとります。全身の骨格の歪みはとても大きく、肋骨もあちこちの方向にとりとめもなく歪んでいました。これだけの歪みがあったら、身体は緊急事態を起こしているはず。

こちらにも緊張がはしりますが、こんな時こそ冷静にSさんの身体(骨格)をチェック。あちこちに歪んでいた骨も、立位・座位・伏臥位・揺らしと骨の歪みを読み進めていくと、きちんと法則通りに骨格の歪みを確認する事ができました。娘さんも心配そうに見守る中、すぐに施術に入ります。

まずは頭部から施術スタート。

「激痛で寝てられない…」「もう手遅れかもしれない…こんなになっちゃって…」「原因不明だから…」と施術中も朦朧とした意識の中で繰り返すSさん。

「大丈夫ですよ。骨格がこれだけ歪んでいたら相当身体はキツいはず。ひとつずつ歪みをとっていけば楽になりますよ。」と励ましながら、施術を進めました。


左肩が内側に入りこみ、腰周りも右にずれているのが気になります。左側から何か強い衝撃が入ったはず。

「Sさん左の肩打ったこと無いですか?それか左に倒れた事があると思うんですけど…。」

「記憶にないです。」

「例えば自転車で転んだとか、左の壁にどーんとぶつかった事があるとか、交通事故とか…。」

「あ…。自転車で倒れた!昔、左だったかな?覚えてないけど倒れた事はあります。交通事故もあります。」

「やっぱり。たぶん、その時の打撲が身体に影響を大きく与えていると思います。相当歪みも大きいし症状の改善にはそれなりの回数がかかると思うけれど、がんばって通ってほしいです。」

Sさんの改善例。長くなりそうなので続きはまた明日。


【お知らせ】 HSTI骨格調整法 のHPがリニューアルされました!

7月1日にHSTI東京 骨格調整所が恵比寿にオープンします。

ブログランキング(心と身体・全般のカテゴリ) 
クリックご協力お願いします!


関連記事
10ヶ月のマタニティライフをサポートさせていただいたMさん。

【つわりが軽い】つわりが抜けていくのは奇跡!今度の出産は楽しみ。ステキなマタニティライフの始まりだわ♪

臨月でも骨格調整。少しでも身体を整えて出産に臨みたい。

…というような経過を経て、5月29日に無事元気な男の子を出産されました。ママのお腹がよほど心地良かったのか、もうすぐ産まれそう~と言ってから約3週間後の出産。お腹の中ですくすく育って3476gだったそうです。

30日の朝「安産だったよー」と言う嬉しいご報告メールをいただいました。

夜10時過ぎにうまれました 。
3476g、既にオッパイを上手に飲む元気な男の子です。

育ったね~
出てきた時からプリンプリンしてた。

安産だったよ~
バリバリ痛かったけど、前回(第1子)の時の10倍楽だった
まさに頭が出てる瞬間に『やっぱり違う』って思える余裕があったもん。
産後足もむくまないし先生のおかげだよ~ありがとうございました



そして6月1日にも経過報告のメールをくださいました。

おはようございます

おかげさまで体調いいです
昨日、アロマエステをしてもらったんですが、骨格調整をしてたと話したら足が若干むくんでる以外ほとんどコリや緊張がないと、ほめられました

エステティシャンの方が整体もなさってるらしくて、興味津々だったのでアズ骨格調整所の名前を教えました
やっぱり聞かれたのは、妊婦さん大丈夫なの?と、どんな体勢でやるの?でした。

明日の午前中退院です
でわまた~



妊娠される前から通ってくださっていたMさん。今回マタニティライフという大切な時期もサポートさせていただいた事、そして体調のいい状態で無事に元気な赤ちゃんを出産された事、とってもうれしかったです。


そ・し・て…
6月8日にママと赤ちゃんに会ってきました!

今までママのお腹越しに挨拶していた赤ちゃんとやっとご対面。とーってもかわいかったです。抱っこもさせてもらって感激でした。

Mさん、ご出産おめでとうございました。また産後の骨盤調整もしましょうね!


【お知らせ】 HSTI骨格調整法 のHPがリニューアルされました!

7月1日にHSTI東京 骨格調整所が恵比寿にオープンします。6月28日までの予約申し込みには先行予約特典があるそうです。


ブログランキング(心と身体・全般のカテゴリ) 
クリックご協力お願いします!

関連記事
前回のブログ「起きるのも苦しかった背中の痛み」のSさん。

骨格が整ったら背中の痛みが改善しただけでなく、イライラしなくなったそうです。

SさんをAZUに紹介してくださったOさんから「Sも以前は職場でもけっこう機嫌が悪いときがあったんですよ。そういう時は朝から機嫌悪くて大変だったんです。それが、5月は一度もそんな事がありませんでした。骨格調整のおかげだと思うんです。本当に助かりますよー♪」と喜ばれました。

Sさんのイライラ改善例、詳しくはこちらから
「イライラの犯人は骨格の歪み?骨格調整でメンタル面も改善!」



【お知らせ】 HSTi骨格調整法 のHPがリニューアルされました!

ブログランキング(心と身体・全般のカテゴリ) 
クリックご協力お願いします!


関連記事
職場の方のご紹介でいらした30代女性Sさん。

「1週間前までは背中が痛くて起きるもの苦しかったんです。接骨院とかにも何軒か行って少しは楽になったんですけど、まだ痛くて。」

「背中の痛みがどの辺に出るのか触ってみていただけますか?」

「左の肩甲骨あたり…この辺です。」

確認すると、肩胛骨の高さが左右で大きく違います。左肩胛骨が思いっきり持ち上がり、左肩に覆いかぶさるような感じになっています。

「これはきつかったでしょう~。」

「はい…痛いです(泣)背中が痛いからか、首もつらくなるんですよね…」

お顔のほお骨の高さ、肩の高さ、骨盤の高さも左右で違います。高さが違うということは、骨格が歪んでいるという事。パッとみただけでも身体がとってもきつい事が伝わってきます。

1-5ラインにて施術をしましたが、初回はどこを施術していても背中から首が辛そう。うつぶせで寝ていても首や肩が痛くて、長時間は同じ姿勢で寝ていられない状態。施術後も痛みには変化が見られないご様子でした。


2回目来所時。
「痛みはどうですか?」

「うーん…すこーし背中の痛みが軽くなったような気もするんですけど…。」

「気がするってことはまだそんなに変化もなく、まだまだ痛いって感じですよね?」

「そうですね。やっぱり左の肩胛骨あたりが痛いです。」

「わかりました。他にも痛い所とか出ましたか?」

「はい、腰も痛いですね…。」

背中(肩胛骨)の痛みと、骨盤の痛み。骨格の歪みをチェックすると4-7ラインの歪みが残ります。この歪みを出してきてくれるのを待っていたんです!

スノーボードをされていたSさん。転倒した時の歪みでしょうか。側頭骨が左右で大きく回転しています。2回目は4-7ラインにて骨格を整えました。


3回目来所時。「腰痛はありますが、背中の痛みと首の辛さは殆どないです!」というご報告。

今回のSさんのケースでは、痛みの出ていた肩胛骨自体は施術していません。肩胛骨の兄弟骨である4-7ラインを施術した結果、肩胛骨の高さも揃い、肩胛骨周りの痛みも改善しました。

肩胛骨が痛いからといって、肩胛骨のあたりを揉んだりほぐしたりしただけでは、原因箇所の歪みを取り除けていないので、その場は楽になったとしても何度も痛みを繰り返したことでしょう。

痛みの原因箇所から取り除く事が出来るHSTi骨格調整法ならではの改善例の一つです。


「起きるのも苦しかった背中の痛み」Sさんの詳しい施術内容はこちらから。



【お知らせ】 HSTi骨格調整法 のHPがリニューアルされました!

ブログランキング(心と身体・全般のカテゴリ) 
クリックご協力お願いします!


関連記事