30代男性。
サッカー、スノーボード、テニスなどが好きなスポーツマンのHさん。

運動が好きな方は、やはりそれに伴い怪我や打撲も多いもの。
Hさんも大きな衝撃の伴う打撲歴がいくつかありました。

【打撲歴】
・サッカーで右足首を捻挫(内側にひねった)
・出窓の下から立ち上がった時に後頭部を打撲
・サッカーでオーバーヘッドキック→腰をうった
・スノーボードで転びお尻をうった
・サッカーでもお尻をうった

【症状】
・顎関節症 ジャリジャリと音がする/かっくんとなる
・耳鳴り
・右足首の痛み
・肩が痛い
・腰痛


まずHさんをパッとみただけでも、お顔が左右対称ではありません。

骨格の歪みを読むと、
やはり側頭骨が大きく左右でずれ、
それに伴いアゴも左右で大きくずれていました。

Hさんの場合は、
初回、側頭骨を調整後、関連する場所の調整、
そして股関節の調整を行いました。


2回目。
様子を伺うと「右足捻挫の所が気になる、歩いたり座ったりしていると調子が悪くなる」そう。
主に腰回りと足に骨格の歪みが確認できました。

そこで、お尻を打った事によって歪んだ尾てい骨と
関連する2-6-9-12ラインの骨を調整。

そして【右足首を捻挫】した時に歪んだと思われる、骨格の歪みを調整。
くるぶしはもちろんの事、捻挫は足根骨も大きく歪ませるので、
足根骨の調整も欠かせません。

HSTi骨格調整の理論の中で、足根骨はアゴや側頭骨とも
関連の深い場所という事もわかっています。

足は身体の中でいう土台の部分。
全身でバランスをとる時に、歪みはどちらかというと上に逃げやすいので
足が歪んでいると全身に及ぼす影響も大きいのです。


3回目お越しになった時には
腰回りの違和感や右足首の痛みなどはまだ残るものの、
「顎関節症に関してはアゴが楽になって、カックンとならなくなった」
という嬉しいご報告をいただきました。


Hさんの場合は、アゴ自体をぶつけたりした記憶はないそうです。

アゴ自体をぶつけた事がなくても、
アゴは側頭骨にブランコのようにぶら下がっているので、
側頭骨が歪んでいると、当然その下のアゴにも影響が及び
不具合を感じる事が多いのです。

また、アゴと大きく関連する、足根骨の調整も効果大だったよう。


HSTi骨格調整にて「顎の違和感が減った、噛み合わせが良くなった」
という声をたくさんいただきます。

他にも噛み合せについての症例がありますので、またあらためてご紹介いたします。



ブログランキング(心と身体・全般のカテゴリ)に参加中

↑ ↑ ↑ ↑
このクリックが未来の子ども達の世界を明るくします!
今日もご協力お願いします☆
関連記事
スポンサーサイト
40代女性。Tさん。

【症状】
うつ病(内服薬服用中)
体全体が震える
耳まわりに違和感
アゴの違和感と右アゴ付根部分の痛み
思考能力の低下(日にちなどがいっさい頭に入ってこない)
首の痛み
食欲無し
椎間板ヘルニア

【打撲歴】
小さい頃に頭を殴られた事がある


初回、とにかく身体が辛そうで、顔色も悪く、身体は震え、
立っている事も、話す事もすべてがしんどそうな状態。

何かを話そうとしても、言葉よりも先に涙が出てきてしまう様子。
ご家族に付き添われての来所でした。


骨格の歪みを読むと、
頭部(特に側頭骨)の歪みがとても大きく、
身体も側頭骨と関連する部分の骨があちこちでバランスをとり
大きく歪んでいます。

原因箇所である頭の骨の歪みをとる事から施術を開始。
その後、下部肋骨、仙骨(お尻の骨)、頚椎(首の骨)を調整して
初回は終了です。


初回終了後、だいぶ身体が楽になり、安心されたのか
今までの事をお話ししてくださいました。

「自分の体調があまりに辛くて、家の事もままならず
子ども達にも辛くあたってしまい、自分を責める毎日だった。
この先どうなってしまうのか不安でたまらなかった。
でも、今日はとにかく安心しました。骨の調整で変わるんですね。」…と。

この時も泣いておられましたが、明らかに目には力が出てきて
お越しいただいた時の涙とは全く違います。


その後のご様子を、付き添われたご家族の方にお伺いしたのですが
「帰り道に、『お腹がすいた』と言うので
回転寿しに連れて行ったらTは7皿もぺろりと食べたんです。
最近全然食べられなかったから、もうビックリしてしまってー。
行きはあんなにグッタリして倒れそうだったのに、帰りにはまるで別人(笑)。だって、7皿も食べるなんて!」と
こちらもまた嬉し涙を流しながら、お話してくださいました。


その後もTさんはHSTi骨格調整を受けにいらして
約1ヶ月の間に合計して7回施術を受けられました。

その間には体調の浮き沈みもありましたが、
途中からはご自分で車を運転して来られる程、気力も出てきて
体調も日に日によくなり、顔色も改善。
笑顔が増え、7回目には体調はほぼOKとなりました。


Tさんの場合は、子どもの時に頭を殴られたことで、
大きく頭蓋骨が歪んだのでしょう。
30年程も前の事ですが、骨にはしっかりとその痕跡が残っていました。
その衝撃を吸収する為に頭蓋骨は歪み、その後関連する部分、
身体全体の骨までも歪めて全身でバランスをとった結果
身体のあちこちに不調が起きていたのです。


もし、同じように悩んでいる方がいたら伝えたい。

大丈夫。悪さをしているのは、骨格の歪みだから、
その歪みをとってあげれば楽になりますよ。



ブログランキング(心と身体・全般のカテゴリ)に参加中

↑ ↑ ↑ ↑
このクリックが未来の子ども達の世界を明るくします!
今日もご協力お願いします☆


図書館にあった雑誌の表紙に「骨」の文字を発見。
パラパラめくると「美しい顔とは、その背後にある骨格が整っていること」とあります。興味津々でさっそく借りてきました。


日経サイエンス 2009年12月号 

対談「茂木健一郎と愉しむ科学のクリオア」
ゲストは東京芸術大学大学院 美術解剖学 宮永美知代さん。

宮永美知代さんは美術大学卒業後に、医学博士も取得。
遺骨から生前の姿を探る復元や、
美術作品に置ける骨格表現を研究されている方だそうです。


「骨からみる人体の美しさ」 ※下記、記事より抜粋です。

宮永「顔をぱっと見た時に、骨、というか骨格が与える印象は、非常に強いのです。眼かの形や鼻の高さ、頬の形、口元の出っ張りなどは骨で決まります。最初の印象の半分は骨で決まると言ってもいいくらいです。」

宮永「骨というのは、一見非常に硬くて変化しないもののように思われますが,実は時間とともにどんどん変わっていくんです。 (中略) 普通に生活していたって、そうした変化は起こります。以前、うちの学生に、頬杖をつく癖のある人がいたんです。いつも両のこぶしで下あごから頬骨にかけて支えていたら、こぶしの形そのままに、頬がえぐれた形になって。でも懇々と言って聞かせたらやめまして、そうしたらだんだんと頬がふっくらと戻ってきました。作用する力学によって、骨は動くんですよ。」

茂木「骨格は変わるものだと。」

宮永「変わります。歯列矯正も、何年もかけてゆっくりと歯に力をかけると、歯が動くのです。いきなり力をかけたら折れますが、ゆっくりとかければ、それはもう、ものすごく動きます。骨は、物理的な力には非常に素直です。」

(中略)

茂木「骨格というと、どうも永続するもののような気がするんですが、本当はうつろいでゆくものなんですね。」

宮永「骨は体内で常に壊され、また作られていて、その繰り返しです。でもそういう意識をお持ちの方は、少ないんじゃないでしょうか。成長を完了すれば、骨は変わらない、老化していくだけだと思っている方が多いんです。でも、外から力を与えたり、動きによって変わるんだという意識を持たれると、随分見方が変わってくると思います。」


「骨はそんなに簡単に動かない」がまだまだ常識の今、
医学博士を取得されている方が「骨は、物理的な力には非常に素直で、ものすごく動く」と認識をされている。

さらに宮永さんは「美しい顔とは、その背後にある骨格が整っていること」と指摘。


HSTi骨格調整ととてもリンクする所が大きいので
ブログでもご紹介させていただきました。


AZU骨格調整所でも、施術を受けたお客様から
「口がまっすぐになって、嬉しくて何度も鏡をみてしまいます♪」
「目の大きさが揃った!」
「姿勢が良くなって疲れなくなった」
などなど、喜びの声をたくさんいただくのは
HSTi骨格調整=身体の歪みをとる=シンメトリーな骨格美人だからなのです。




ブログランキング(心と身体・全般のカテゴリ)に参加中

↑ ↑ ↑ ↑
このクリックが未来の子ども達の世界を明るくします!
今日もご協力お願いします☆
関連記事
20代女性。Nさん。

初回時につらかった頭痛(後頭骨下部)と首の痛みはだいぶ改善され、
4回目にお越しになった時の事です。

【その日に出ていた症状】
・頭痛(後頭骨1番左側)
・胸骨1.2番辺りの痛み

【打撲歴】
・足首の靭帯をきる(左右どちらかは覚えていない)
・頭にバスケットボールがあたった事有り


骨格の歪みを読むみます。
左足首のくるぶし(外果)が大きく後方に捩じれ、
肋骨10番、頭部の1番、5番にも歪みがありました。

揺らしても歪み方が変化しなかったのは
左足くるぶしのねじれ。
靭帯をきったのはたぶん左足。
ここを原因箇所と絞り込み、施術を始めます。


左足くるぶし

仙骨1番(お尻の骨)

肋骨10番

両足の脛骨

肋骨1番

右手橈骨 

を順番に施術。


施術を進めていく途中に、
「そういえば最近、右腕も重くてだるいんです」とNさん。
確認すると右手橈骨の回外がありました。

なんでだろう?…と、お話をすすめていくと
「最近ピアノの練習をする時間が多く、
右手小指にアクセントをつける事がおおい」という事でした。

Nさんはピアノの道に進もうと頑張っている学生さんです。
練習の量も半端ではないはず。

納得、納得。
楽器の演奏で骨を歪めてしまう人、たくさんいますから。

最後に右腕の歪みをとって4回目の施術は終了。


頭痛、胸骨の痛みも治まり、
何よりも腕がスッキリし軽くなったと喜んでいただきました。


足首の靭帯を切る程の強烈な捻挫は、足首だけの問題で終わりません。
足首は全身の1番5番10番ととても関係の深い場所。
ですので、捻挫した足で生活を続けると、
全身の1番5番10番を自ら歪めることで
身体はバランスをとろうとしていくのです。

バランスをとる為に歪んだ場所も
結果としては骨が歪んでいる事には変わりないので、
その場所に痛みや症状が出ても全くおかしくはありません。

今回で言えば、頭痛と胸骨1番は
足首の捻挫のバランスをとる為に歪んだ場所。
そこに痛みという症状が出たわけです。

また今回重くてだるかった前腕も1番5番10番と関係の深い場所。
ちょうど足首からの歪みが身体に大きく出てきた事と、
ピアノの練習が重なり捩じれやすくなっていたのかもしれません。


施術後、
「まだまだしばらくはお家でピアノの練習が続くんですけど…」
と心配そうなNさん。

大丈夫!歪めてしまう可能性があるからといって、
大好きな楽器をやめなくてもいいのです。

その楽器でどのように骨が歪みやすいかがわかれば、
歪んだ時にもとに戻せばいいだけです。

こうしたちょこっとした事の積み重ねで
身体の調子は全然違います。

普段身の回りにある生活用品でも工夫して使えば
ちょっとした骨格調整は可能なんですよ。

Nさんにも、簡単にできるお家での調整法を
お伝えさせていただきました。




ブログランキング(心と身体・全般のカテゴリ)に参加中

↑ ↑ ↑ ↑
このクリックが未来の子ども達の世界を明るくします!
今日もご協力お願いします☆

関連記事
30代女性。Yさん。

「昨日の夜、寝違えてしまって…」と顔を斜めに向けたまま、
ぎこちない歩き方で来所されました。

このときは既に夜。
寝違えですから、朝起きた時にはこの状態。
なんとか出勤したものの、会社でも一日中
顔を斜めに過ごしたそうです。

顔の向きが変えられず、横も下も向けないので
靴を脱ぐときも「アイタタタ…」と一苦労。

Yさん、一日大変だったと思います。


【寝違い】とご予約のお電話の時に伺って、
すぐにピンとくるものがありました。

寝違えを起こしやすい方に共通する【骨格の歪み】というのもあるのです。


Yさんの骨格の歪みを読むと、やはり!
この方も同様に、頚椎7番に大きく歪みを溜め込んでいました。

施術を初めてすぐは一人で仰向けに寝る事も出来ない状態。

頚椎7番
胸椎1番
頭部の関係する箇所
胸椎7番と肋骨7番の棚ずれ
頚椎4番 を順番に施術。

施術後「だいぶ楽になりましたー♪」と、まっすぐ前を向いて
姿勢も良くなり帰られました。


翌朝、AZUの電話が鳴り…
「背中は少し気になるもののそれ以外は全く痛くありません!」
と嬉しいご報告。

電話の声も明るく、こちらもホッと一安心。


HSTi骨格調整では、痛みや症状が出ている場所以外も
その場所にご本人の自覚症状がなくとも、
歪みがあれば取り除いてなおしていきます。

身体は全身でバランスをとっているので、
痛い場所だけ施術をしてもあまり意味がないし、
関連して歪んだ場所をそのまま残してしまっては
せっかく調整した意味がないからです。

頭部から足先・指先まで、
関連する場所の歪みも整えていくからこそ出せる結果なのです。




ブログランキング(心と身体・全般のカテゴリ)に参加中

↑ ↑ ↑ ↑
このクリックが未来の子ども達の世界を明るくします!
今日もご協力お願いします☆
関連記事