HSTIでは触診をする時に
立位・座位・伏臥位での変化、そして揺らした後の変化を見ていきます。


先日こんな質問をうけました。

「衝撃を受けた時の体勢が大切なのですか?」
「例えば、座っている時にどこかに衝撃を受けたら、座位で変化が出るのでしょうか?」

…答えはNOです。


衝撃を受けた瞬間に立っていようが、座っていようが、寝ていようが、
その事を重視するのではありません。


「どこに衝撃をうけて、どこの骨が歪んだのか」という
「原因箇所」を絞り込む事が大切です。


もちろん、その時の姿勢までわかっていたら、
衝撃の入った方向もより詳しく絞り込めるので
わかるに越した事はありません。

でも、その事よりも、大切なのは「原因箇所」です。


「原因箇所」を絞り込むために
立位・座位・伏臥位での変化をみます。


例えば、
立位では大きく側頭骨や頭の1-5に歪みが見られるが
座位になるとそれらの歪みが小さくなる場合。

このような時は、足に原因があります。
捻挫や打撲以外でも、
スキーのブーツなどでも脛骨は歪みますし
陸上競技のハードルでよく脛骨をぶつけていた方や
空手の練習でスネを強くするためにビール瓶でスネを叩いて鍛えていた方
自転車の車輪に足を巻き込まれた方、
逆子の方、など、いろいろな事が原因となります。


原因箇所の歪みは、
立位・座位・伏臥位、そして揺らした後にも同じ歪みがそのまま残ります。

バランスをとる為だけに歪んでいた骨は
立位・座位・伏臥位、揺らした後、に一貫した歪みはありません。
途中で反転したり、小さくなったり…
そのような所は原因箇所ではないです。


先ほど、足に原因がある場合をあげましたが、
では、仙骨や股関節に原因の歪みがある時はどうでしょうか?
肋骨に原因がある時はどうでしょうか?
頭部に原因がある時はどうなるでしょう?

頭の中を整理しながら、自分で考えてみてくださいね。


症状や痛みには必ず原因があります。
症状や痛みがでている場所が、必ずしも原因ではなく
バランスをとるためだけに歪んだ箇所に症状や痛みがでている事も多いです。

原因箇所を徹底してつきとめてこそ、原因療法。

HSTIは原因療法だから、
HSTIの中での対症療法をしないようにしたいですね。


ブログランキング(心と身体・全般のカテゴリ)に参加中

↑ ↑ ↑ ↑
あと少しで1位になりそう
HSTIを知ってもらう為に、今日もご協力お願いします☆

関連記事
スポンサーサイト
本日、2つ目のブログです☆


昨日、最初の施術ポイントの絞り込み方について書きました。


一昨日の勉強会で施術モデルになった方を例に、
少し詳しく書いてみたいと思います。


川越勉強会に参加する人には、全員、初めに
ご自身の問診票を作っていただいています。

(問診票サンプルはこちらから


その方の問診票をみると 
・目が疲れやすい
・首痛
・背中痛
・腰痛
・だるい
・その他(右腕の付け根から右胸にかけての痛み) の項目に○がついていました。

打撲歴の欄には 
・むち打ち
・捻挫
・頭部の打撲
・坐骨(右側)の打撲 と記入があります。


☆問診票の症状と打撲歴を見た時点で、まず次の事が予想できます

・目が疲れやすい →3-8ラインに歪みがありそうだ
          鼻炎とかはないのかな?
          だるいのも3-8ラインの影響だろう

・むち打ち    →側頭骨が歪み、その他の4-7ラインにも
          バランスをとるために歪みがあるかもしれない
          
          前面肋骨にシートベルトが当たり、肋骨に歪みが残っているだろう 

・捻挫      →腓骨の歪みだけでなく、1-5ラインに歪みが上がっているかもしれない

(この時点では、これはあくまでも予想です。)


早速、問診票をもとに、お話を伺っていきます。

首・肩・腰の痛い所を指差していただき、
それが何番なのかを確認すると、

・首痛  →(頚椎3番あたりから下部にかけて)
・背中痛 →(肋骨3番4番5番あたり)
・腰痛  →(仙骨3番あたり)
・右腕の付け根から右胸にかけての痛み →(前面肋骨3番右側あたり)

…という事が確認できました。


☆この時点で、考えるのは…

3-8ライン やっぱりこれが一番あやしいぞ~
4-7ライン も歪みがあるかも
1-5ライン も歪みがあってもおかしくない
たぶんこの方は2-6-9ラインは今日の段階では施術はしないだろうな~

という事です。

これでまず、4つあるHSTDパターンの中から3つに絞り込めます。



次に打撲歴について、お話を聞いていきます。

むち打ちは自分が運転席に座っていて、シートベルト有りの状態の時だったそうです。

前面肋骨の右側がシートベルトで押さえつけられた様子が想像できます。

捻挫は右足首

頭部打撲は頭頂骨の真ん中あたり

…ということでした。



大まかな体幹を見た後に
触診をします。

まず立位では
側頭骨の歪み(OCL-I)、肋骨1番、3番(LPS)、4番、8番、
仙骨3番、と外果(RP)がありました。

座位になると、肋骨1番、4番の歪みは小さくなり
残るのは外果(RP)と、側頭骨(OCL-I)の歪みと、肋骨3番(LPS)の歪み。

伏臥位でも外果(RP)、側頭骨(OCL-I)の歪みと、肋骨3番(LPS)の歪みがありました。

揺らしてもそのまま側頭骨(OCL-I)の歪みと、肋骨3番(LPS)の歪みが残りました。
外果(RP)は、揺らした後に、少し歪みが小さくなりました。

立位でも座位でも伏臥位でも揺らしても、そのまま変わらずに残った歪みは
側頭骨(OCL-I)と、肋骨3番(LPS)です。


これで今日の施術の流れが組み立てられましたね☆


さっそく、側頭骨から施術スタート。
その後、肋骨の3番へと進んでいきました。

肋骨3番はLPSを3号機で戻しながら、
シートベルトで上方外側へ引っ張られた
前面肋骨3番の右側を2号機で一緒に戻していきました。


施術するポイントが絞り込めたら、
次に、その骨がどうなっているのか
どういう衝撃が入って、どうなったのかというイメージをつかみます。

つかめたら、それを戻していくだけです。

ココの骨がこうなっているから、こういう風に戻したい、というイメージができれば
その為には1号機が必要なのか、2号機か、それとも3号機を使うのか
…という知恵は降ろしてくることができますね。


このセットの後、とっても呼吸が楽になったそうで、
大きく息が吸えるようになった~♪と嬉しい言葉がありました。

そして、「まだよくわからない事もいっぱいあるけれど
HSTIって楽しいんですね~♪」とニコニコしていらっしゃいました。

昨日は勉強会であり、施術会ではなかったので、この方の施術はココまで。
親子でHSTIを学ばれている方なので、お家で
肋骨8番など、続きの施術をしてもらうようにしました。

今回は足首は触りませんでしたが、
いずれは、原因である足首の捻挫の歪みもとっていく必要もあるでしょう。



どうですか?

こんな風に、考えながらポイントを見つけ出して
施術が進められたら楽しいでしょう?

そして、その後に笑顔が見られたら~♪
こんなに嬉しくて楽しい事はないでしょう~♪

HSTIは 
問診のポイント・デルマポイント・メリックチャート・HSTDパターンが
頭に入って、それを使いこなせるようになると、
とっても楽しいんです!


触診はひたすら経験を積み重ねるのみで、もちろんいっぱい練習が必要です。
そして、ゆらしの重要性も、あらためて再確認されてくださいね。


文字ばっかりで、もしかしたら
わかりにくい説明になったかもしれませんがお許しを…。


ん~、今日もとってもHAPPY♪
楽しい1日でした。
ありがとうございました☆


ブログランキング(心と身体・全般のカテゴリ)に参加中

↑ ↑ ↑ ↑
クリックしたら楽しい明日がくるよ☆
こちらからもご協力お願いします

関連記事
比嘉先生がいつも言っている【ビジョンを描く】という事。
ひすいこたろうさんの「名言セラピー」にも登場しました!

以下、抜粋です。

アメリカのある荒れ果てた田舎町に
巨大なアトラクションを作ろうとした男がいました。

スポンサーを募るために人を集め自分の構想を語る。


子供の頃に欲しいと思っていながら、
手に入れることができなかったものすべてを、この地に実現したいんだ!


そう熱弁するも、
そんな夢みたいな話と
説明会ではほとんどの人が居眠りをしていたそうです。


それでも彼は、夢を語り続けた。



それから10数年……
田舎町だったフロリダにあのディズニーワールドが完成したのです。



そして迎えた一般のオープンに先立ち、マスコミを招待してのプレ・オープンの日。

ある新聞記者が、ディズニーワールドを訪れ、ウォルトの兄・ロイに話しかけました。


「思い出しますね~。
 ウォルトが開いた説明会は、どこの会場も居眠りする人だらけで、
 誰もウォルトを相手にしなかった。
 あの時は、まさかこのフロリダにディズニーワールドという夢の国ができるなんて、
 誰も信じなかった。
 ついに完成したこのディズニーワールドを、ひと目、ウォルトに見せてやりたかったですね」


そうなんです。ウォルトは、ディズニーワールドの完成を見ることなく、
その前年に、肺ガンで亡くなっていたのです。


その新聞記者を、ロイが不思議そうに見つめ、こうつぶやきました。


「君は何を言ってるんだ。世界中の人々の中で、
 このディズニーワールドを最初に見たのは、ウォルトだよ。
 ウォルトが最初に見たから、ディズニーワールドができた。
 ウォルトが最初に見たから、今、僕たちがこのディズニーワールドを見ることができているんだよ」


ロイの言葉は、「ビジョンを描く」ということの本質を教えてくれます。


ウォルト・デイズニー、
人生最後の傑作作品といわれる「デイズニーランド」について、
本人はこう語っています。


「子供の時分に欲しいと思っていながら、手に入れることができなかったものすべてを、
 僕はデイズニーランドに盛りこんだ」


心からやり遂げたいという思いをビジョンに描いたら、
あとは、心がけることはたったひとつです。





何があってもあきらめないこと。








あきらめない限り、そのビジョンはいつか形になります。



つまり、何があってもあきらめないと覚悟をもった、
その瞬間に、あなたのビジョンは未来の地球においてすでに実現しているわけです。


未来は一瞬で変えられるのです。

いまこの瞬間に!





「夢を見ることができるなら、それは実現できるんだ」
byウォルト・ディズニー





3秒の狙撃屋
ひすいこたろうでした(^^♪
hisuikotaro@hotmail.co.jp  
 ▲▲▲アリガ島▲▲▲



【協力】白駒ひとみ[歴史マニアな結婚コンサルタント]
         http://www.mazenda.com/mazenda.htm
         http://ameblo.jp/hitomi-mazenda/ ←彼女のブログはこちら!




ブログランキング(心と身体・全般のカテゴリ)に参加中


↑ ↑ ↑ ↑
「全国の学校、保健室へのHSTIの導入」
「一家に一人、骨格調整士を」

HSTI開発者が最初に描いたこのビジョン
私達も何があってもあきらめません!

笑顔を増やすためのご協力、今日もクリックお願いします☆

関連記事
昨日は川越勉強会でした。
雨の中、お越しいただいた皆様、ありがとうございました!
皆さんの熱い想いに、私の中の情熱もさらにUPです!


昨日あらためて感じた事。

問診・デルマポイント・メリックチャート・
HSTDパターンの重要性を
もっともっとみんなに伝えたい!!



いざ、施術…という時。

初めのうちは、触診にも時間がかかるし
どこから施術を始めるか…という事を絞り込むのに
皆さん、とってもとってもとーっても時間がかかります。

たぶん、放っておいたら、1時間でも、それ以上でもひたすら触診をし続けている人もいます。
HSTIを勉強し始めた頃の私もそうでした。

でも、これって、実際の施術院ではありえません!

触診をされる側は、想像以上にとっても疲れます。

身体がキツくていらっしゃったお客様を、
ひたすら触診ばかりしていたら「もういいです!」と
怒って帰ってしまうでしょう。


身体の中に骨は200個以上あります。
それを分割していくと、さらにものすごい数になります。

そのものすごくたくさんある骨の中から、
最初の施術ポイントをどうやって絞り込むのか。


どこから施術を始めるか…という事を絞り込む時のアイテムが
問診(症状や痛い場所の確認)であり
デルマポイントであり
メリックチャートであり
HSTDパターンであり
触診であり
ゆらしなのです。

これらを一つ一つ、上手に使う事によって、
何百とある施術ポイントの中から
最初の施術ポイントをどんどん絞り込んでいく事ができるのです。



デルマポイント・メリックチャート・HSTDパターン
これらが、頭に入っていなければ
ポイントを絞り込むのは、本当に大変です。


逆に言うと、
デルマポイント・メリックチャート・HSTDパターン
これらが、頭に入っていれば
ポイントを絞り込むのは、本当に簡単な事なのです。


来月の川越勉強会は、あらためてもう一度
デルマポイント・メリックチャート・HSTDパターンについて徹底的に復習をします。

来た人全員が、「楽しかった~♪HSTIは簡単さ~♪」
と鼻歌を歌って帰れる位に
徹底的に伝えるぞ!…っと決めました。


触診に自信のない人は、お家でいっぱい練習してきてください。

ご家族やお友達の身体を借りて、いっぱい練習してください。

そして自分の顔を鏡で見ながら、OCF(顔面骨)の1~5まで触診の練習。
そして、自分の前面肋骨も鏡を見ながら、触る練習。
電車の中でも、自分の骨を触る練習。

ひたすら、ガンバッテ練習してきてくださいね!


このブログ書いていたら、さらに情熱がメラメラと~。
来月の川越勉強会は 7月19日(日)です。
よろしくお願いいたします。


AZUでは、平日の昼間に勉強会を始める事にしました。
まだ、日程調整している段階ですが、詳しく決まりましたら
お知らせいたします。


ブログランキング(心と身体・全般のカテゴリ)に参加中

↑ ↑ ↑ ↑
このクリックが未来の子ども達の世界を明るくします!
今日もご協力お願いします☆

関連記事
今日、ある言葉の意味を調べている途中で、とあるHPに出会いました。

経営についての、ある社長さんへのインタビューです。

知りたかった言葉の意味についても載っていて、
それだけでなく、
その他の項目に書いてある言葉がどんどんと心に入って来て夢中で読みました。

私達と、HSTIと、とてもシンクロしています。

この内容を皆さんとシェアしたいです。


特に心に残った所を、引用します。


プロ野球では三割打てば一流の仲間入り、
三割という数字は、すべての打球を打ち返そうと打率十割を本気で目指した結果です。



当たり前のことが当たり前にできるようになるまで、
膨大な時間とエネルギーを傾けなければなりません。

基本をしっかり学んでから、段階を踏んで、自分のものとして体得する。

独自の応用ができるようになるまで、
いくつかの越えなければならない「型」があるというわけです。



どんな道であれそれを極めていくためには、
順序をきちんと踏まないと、
どんな素晴らしい資質をもった者だって、
プロの「領域」には近づけない。


などなど。



ピックアップするときりがない位に
一問一答の中に、今まさに私が聞きたかった言葉達が載っていました。


みなさんもぜひお読みください。

http://www.newair.co.jp/newair/interview_failure.html

http://www.newair.co.jp/newair/interview_shuhari.html



HSTIを広めて、笑顔を増やそう!
今日もクリックお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓


関連記事