今日からNHK朝の連続ドラマ「つばさ」が始まりました。
「つばさ」は埼玉県川越市が舞台です。

いつも何気なく見ている風景が、ドラマの舞台になっていて感激☆
撮影のほとんどはスタジオで行われているそうですが
それでも知っている建物や街並みが画面に映るとワクワクドキドキ☆

朝の楽しみが増えました(^^)


昼間、施術の合間に買い物に出かけた時に
少し回り道をして枝垂れ桜を見てきました。

RIMG0003_convert_20090330233829.jpg
中院

RIMG0020_convert_20090330233922.jpg
喜多院

青空に映えて、とってもキレイでした。


肝心の施術は…

昨日カルテを見ながら考えたことを
うまく活かすことができて、お客様にも喜んでいただけました。

毎日施術をしていて、正直、順調な時ばかりではありません。

時々、言いようのない不安に襲われたりもするもあります。
でも、でも、「あきらめない心」がある。

あきらめないで考え抜いた後にはプレゼントがいっぱい☆

お客様との信頼関係が深くなればなるほど、
「絶対にあきらめない」という覚悟が強くなっている自分に気づいた1日でした。

今日もありがとうございました

☆応援クリックお願いします☆
関連記事
スポンサーサイト
施術記録を残すこと、とても大切です。

以前、HSTIを勉強し始めた頃は、その意味がわかりませんでした。

開業するまでは、一人の人を長い期間にわたって、
継続をして施術をすることがなく、
たまーに単発で施術の練習をする感じだったので
今から思えば、とても行き当たりばったりの施術をしていたと思います。


もちろん、開業したらそういう訳にはいきません。

施術の記録用紙(カルテ)を自分なりに作り、
徹底してそこに書き込むようにしました。

施術の時はなぐり書きになってしまうので、終わってから書き直し。
書いていると疑問が出てくることも多く、考えるきっかけになります。

その積み重ねをするうちに、施術の組み立てが出来るようになっていきました。

施術記録を書くこと、そしてそれを見直して考えることで
学ぶことがこんなにも多いのか、とびっくりです。

論理的に施術を組み立てる訓練になります。

考えて考えて施術をしてもなかなか結果が出ないときに
カルテを見直していると、
「もしかしたらここを見落としていたのかも」とか
新しいヒントに気づくことが多いです。

毎日夜に、翌日の予約が入っている方のカルテを見直しています。

毎回施術が終わってから、カルテを書く時に「次回は○○をチェック!」ということも
書くようにしているのですが、あらためて前日にカルテを見ると
他にも「□□をチェック!△△もチェック!」と書き足すことが出てきます。

さっきまで明日いらっしゃる方のカルテを見直していたのですが
また違った視点で見直すことができ、明日の施術が楽しみになりました。

とにかく、いらっしゃる方を楽にしてさしあげたい。
思いはそこに尽きます。

あきらめない自分を日々、再確認。

よっしゃ!明日もがんばります☆

P.S.明日からNHKの朝の連続ドラマ「つばさ」が始まります。
  川越が舞台なので、とっても楽しみ☆
  皆様も是非ご覧ください!

関連記事
今まではHSTI・AZU骨格調整所のHP内でブログを更新していましたが

ブログのみ正式にこちらFC2へお引越をいたしました。

前は携帯でブログが読めなかったり
データが重くて動作が遅い…といった不具合がありましたが
これで解決できるのではないかと思います。

今後もお気づきの点がありましたら教えていただけると幸いです。


AZU の HP は i Web というマックのソフトで作っています。

個人的には好きなソフトですが
まだメジャーではないので
過去分のブログも一つずつ手作業で移し替えました。

なので、写真はほとんど移行していません。


なかなかFC2の仕組みがわからず、途中投げ出しそうになりましたが
のーぶーの「できないのはやらないから」という言葉を
何度も思い出し、その言葉に励まされながら、頑張りました。

のーぶー、ありがとう!

そんなのーぶーがHSTIを底上げして、
みんなを元気にしたい!との
思いから始まったブログがあります。

宇宙船隊地球レンジャ~☆

レンジャーの皆さん、更新楽しみにしています!


さて、こちら川越では桜がチラホラ咲き始めました。
3月22日から川越では春まつりが始まっています。
春まつりはGWまで続きますが、その中に新河岸川観光舟運があります。

舟に乗るまで、けっこう並びますが、風情があってとてもステキなので
皆様ぜひ川越に遊びにいらしてください。

私は4月5日にお花見&舟乗りに行く予定です

桜  
去年の様子
関連記事
この前、小登美さんに施術をしていただいた時に
自分では思いつかないような意外なセットをしていただきました。

「こんなセット方法知らなかったー」と、私が言うと、
「『習っていないから出来ない』というのではなく、どんどん自分で研究していくんさー」
…と笑顔で小登美さん(^^)

んー、いつもステキな事言うわ~♪


そしてそれ以降、どうやってセットしたらより効果的か?ということを
自分でも、すごく考えるようになったら、
実践できるようになりました。

私が考える時は、とにかくひたすら、その方の姿勢や、体のねじれを真似します。

そうすると、どこに負担がかかって痛みが出ているのか、とか
不自然な力がかかる場所などが自分の身体でわかります。

そのような歪みになった原因をも考えながら、
どこからセットをして押し戻していけば、
その方の体がまっすぐになっていくのか…を考えていくと、いいアイディアが浮かぶんです!

ここからセットするとその方の骨格がシンメトリーに近づく、
と思う場所を探ると、意外とその反対側が
直接の打撃や衝撃を受けた原因箇所である事も多いです。

「ここに何かぶつけたり、いつも荷重がかかるような事、思い当たりませんか?」と聞くと
思いがけない原因が見つかる事も多いです。

そこまで来ると、ご本人も自分の身体や日常の生活の動きに対して関心が高くなる。

施術者にまかせっぱなしではなく、
自分でも自分の身体を治していく意識が高まり、
より施術の効果が出て来てくれると感じています。
関連記事
宇宙は一つの点からビッグバンしてうまれ

人の生命も精子と卵子が受胎した一つの点、受精卵からはじまる。


骨格の歪みも

点(原因)がビッグバンして

線(ライン)の歪みを作り、

症状や痛みとなって現れているのではないかしら。


時には面が原因(むち打ちの時の側頭骨とか)となることもあるけれど。

ビッグバンがなければ、宇宙はうまれなかったし、
受精しなければ、生命もうまれない。
歪みの原因がなければ、症状もうまれない。


だから
原因の箇所を絞り込んで施術をしていく事が大切。


たとえば高血圧とか心臓病とか何かそういう症状があって
1-5ラインが歪んでいた、
そのときに、漠然と1-5ラインを施術しても改善しないと思うのです。

どんなに細かいエクセルゼロンの分割がわかっていても、
何点もの同時セットをする事ができたとしても、
原因を絞り込んで、原因箇所の施術をしなければ、
原因療法ではなくなってしまう。

HSTIは原因療法だから、
その症状を出す最初の原因となった場所はどこなの?って事を
徹底して考えていく大切さを日々実感しています。
関連記事