【足の歪み】初めは骨格調整って何?と半信半疑だった彼も『今までと歩き方も足のラインも全然違う!変わった!』と言ってくれるようになりました
http://hstiazu.blog53.fc2.com/blog-date-20110326.html

ーーーーーーーーー

上記ブログのSさん。
もう一つ「PMS症候群が改善された」という嬉しい改善がありました。


「マヌちゃん、私いままで生理前ってすっごくイライラしてどうしようもなくて、彼にものすごく迷惑かけてたのね。」

「えぇー?そうなの?!Sちゃん、そんな風に見えないけど(笑)」

「(笑)本当なの。生理前の機嫌悪さは、彼が恐れおののく位!彼も可哀想だよねー(笑)」

「でもね、マヌちゃんに施術してもらうようになってから生理前のイライラがそんなにないんだよね。本当にびっくりなんだけど、これも骨と関係あるの?」


「あるある!イライラと関係する骨格の歪みって言うのもあるんだよ。」

「ええー?!本当?」

「うん。肋骨の9番が歪むとイライラしやすいってHSTiでは考えているの。」

「肋骨9番の内側には副腎っていう器官があって、いろいろなホルモンを出しているんだけど…。その内の一つがアドレナリンなの。9番が歪むと副腎がうまく機能できないから、アドレナリンが出過ぎちゃうことがあるんだ。」

「私もアドレナリンが出過ぎてたんだ!」

「うん、そうだと思うよー。あ…、でもこれはあくまでもHSTi骨格調整の考え方だから、お医者さんの考え方とは違うと思うんだけどね。」

「そっか。ほんとに骨ってすごいよね。」

「私が生理前におだやかになって、一番喜んでいるのは彼かもしれない。ほんと前はすごかったから!彼も安心したと思う(笑)。ありがとうね!」



後日Sさんからご連絡をいただいたのですが、この度、彼とご婚約が決まったとのこと。
Sさん、ご婚約、心よりおめでとうございます♪



ブログランキング(心と身体・全般のカテゴリ)に参加中
クリック応援お願いします!

スポンサーサイト
30代女性のAさん。
最初の主訴は肩こりと腰痛でした。

この方、骨盤周りの歪みが大きいので婦人科系でも悩んでないかな…?と
お聞きした所、やはりありました。

中学生の頃から、おりものに悩まされるようになったと言います。
下着が汚れてしまうので、おりものシートは欠かせなかったそう。
そして、初潮以来、ずーっと生理不順。

生理痛もありました。

打撲歴を確認すると、
小さい頃にブランコから落ちて、お尻を強打。
小学生の時に友達とふざけていて、イスに座る時にイスを引かれ、この時もお尻を強打。
それ以外にもスキーでお尻をうつ事たびたび。

骨格の歪みを読むと、側頭骨と坐骨(骨盤の下の方、座った時に座面にあたる骨)に
やはり大きな歪みがあります。

お尻を強打した時に、坐骨が前面に押し出され、
圧縮するように歪んでいました。

側頭骨も、お尻を打った時に「ドーン!」と衝撃を受け
回転するように歪んでいました。

側頭骨、坐骨はもちろんのこと、関連する骨を含め
全身の骨格を整えていった結果…。

肩こり、腰痛はなくなり、
生理痛は時々あるものの以前よりずっと軽くなり痛み止めは飲まなくてよくなり、
おりものシートも汚れない日が増えてきたそうです。

まだ完全におりものシートがいらないという訳ではありませんが、
あきらかに状況は改善しているそう。

この調子でいったら、近いうちにいらない日が来る!

お客様と二人三脚。
その日を目指しがんばります!


匿名とはいえ、デリケートな内容。
ブログ掲載にご了承いただき、Aさんありがとうございました!



ブログランキング(心と身体・全般のカテゴリ)に参加中

↑ ↑ ↑ ↑
このクリックが未来の子ども達の世界を明るくします!
今日もご協力お願いします☆