高校生の女の子、Iさん。
姿勢が悪いのをお母様が気にされて、AZUにいらしっしゃいました。
学校の健診でも「側湾症気味」と言われたそう。

【ご本人の自覚症状】
・背骨全体の違和感(頚椎5番あたりから仙骨まで)
股関節痛(左右とも)
倦怠感、だるい

【打撲歴】
・小さい頃、スキー場のリフトから落下し、鼻と顔面を打つ。
・右足首の捻挫
・左足小指骨折
・バレーボールが右アゴに2発あたった

※バレーボール部のため、レシーブの時などに
 肘や膝、アゴなども床にたくさんうっている事が予想されます。


骨格の歪みを読むと、
背骨(胸椎)がとても大きく逆S字状に歪み、
背中もたわみ、不自然な盛り上がりが目立ちました。

前から見ると、お顔も斜めを向き、
(…本人はまっすぐ前を向いているつもりです)
側頭骨も大きく左右で回転の歪みがありました。

お母様にも説明しながら、施術前の歪みの状態を
実際に目で見て確認していただきます。


側湾症の方の骨格の歪みの特徴。
側頭骨と、関連する4-7ラインがポイントになります。

Iさんの場合も同様でした。


初めに側頭骨の回転の歪み(左側頭骨-後方回転 → 右側頭骨-前方回転)の調整。

次に、肩胛骨-右前方変位、腸骨-右前方変位、右足首(捻挫の歪み、外果RP-右後方変位)を複合セット。

(肩胛骨と腸骨も、側頭骨とバランスをとりあう重要なポイントです)

右足首の歪みが取れた後、右足の腓骨頭の調整まで行い、初回は終了。


初回施術後、背中の大きな逆S字状の歪みが、半分位に小さくなり、
お顔もシンメトリーに近づき、スッキリしました。

実際に施術前の骨格の歪みの大きさを確認されていたお母様も、
「背中は触ってないのにさっきまでと全然違う!」とビックリ。

Iさんご自身も「背中がスッキリした、顔も変わってる~♪」
…とニッコニコ♪

2回目いらした時には、痛みとだるさはほぼ治まっていて、
3回目いらした時には、痛みとだるさは全くなくなっていました。

2・3回目も関連する4-7ライン
肋骨7番や頚椎7番、下あごを中心に施術しました。


Iさんの場合は、側湾症までいかず側湾気味という段階であった事、
そして、まだ高校生と若く、骨も柔らかかったので、
骨格が整うスピードも早かったです。

もともと笑顔のステキなIさん、
骨格美人になり、ますます笑顔が輝きました。おめでとうございます。


ブログランキング(心と身体・全般のカテゴリ)に参加中

↑ ↑ ↑ ↑
このクリックが未来の子ども達の世界を明るくします!
今日もご協力お願いします☆

スポンサーサイト